半年が過ぎました。

 単身赴任で石巻に来てから半年が過ぎました。半年という時間は長かったのか、短かったのか、自分でもよく分かりませんが、今の生活に慣れてきたのは明らかです。
 時間的には余裕ができました。研究することで飯が食べられると言うことも実感しています。しかし、蛸壺の研究生活はきわめて孤独なものであるということも知りました。わからないことを昨年までは職員室でいろんな人に聞いていましたが、今ではまず自分で調べないといけません。そのために、自分でまず調べるというくせがつきました。
 今の生活がはたして幸せかというと、即答はできません。しかし、この生活を首を長くして待ち望んでいたわけですから、後悔していると言うことはできません。
 第2の人生として選んだ以上は、自分で満足できるものに変えていくしかありません。そのための準備期間がこれからの半年間であると思っています。
 なんと言っても、健康であり続けること。それを大事にしながら、前を向いて頑張っていきたいと思っています。
[PR]
by shin-pukupuku | 2014-10-01 17:30 | 雑感 | Comments(0)
<< ポアロ 新聞発表ではなく、新聞論説発表 >>