五十肩に苦しむ

 11月下旬から右肩が痛くなり、肩が上がらない状態になりました。そのためチョークを持って高い位置の黒板に板書するというのがきびしくなっています。
 2ヶ月経っても,経過は変わらないので、本日思い切って整形外科医に向かいました。ネットで探して行ったのですが、患者が多くて、繁盛している感じでした。ということは、この外科医の医者は腕がいいということであろうと勝手に考えて診察を待ちました。
 終わったのは2時間後。患者が多すぎて、とても一人の医師では対応できないような状況でした。東北は医師不足のようですが、まさしくその通りだなと実感することでした。
 レントゲンは撮りましたが、肩には異常なし。つまり五十肩の可能性が高いということでした。そしてこの五十肩は、痛みが出てから二週間以内に診察して治療するのが早く良くなることにつながるようです。とりあえず、薬と湿布薬をもらいましたが、はたして良くなるのでしょうか?それともこれからも長いつきあいとなるのでしょうか。年には勝てませんね。
[PR]
by shin-pukupuku | 2015-01-21 16:40 | 雑感 | Comments(0)