韓国の児童虐待で、思い出したこと

 韓国の保育所で、保育士が児童に対して暴力を振るった事件がニュースで流れました。あの映像を見て、痛ましく思った方も多かったのではないかと思います。私も、自分の子どもが、もしこんなことをされたら…と想像すると、怒りさえ感じる事でした。そんなニュースが頭にあって寝入ったからかもしれません。夢で、自分自身が最初に幼稚園でたたかれたことを思い出しました。
 私は2年間幼稚園に通いましたので、その1年目だったと思います。手洗い場のところで何をしていたのか自分でも思い出せませんが、いきなり先生に足をたたかれました。今でも、その時の事を覚えているのです。そのあと、泣いて悲しかった事を覚えています。親にもたたかれたことがなかったと思いますが、そのためにかなり精神的にもショックだったんだと思います。今で考えると、韓国の事件ほどではありませんが、体罰を受けた記憶というのは、半世紀が過ぎても忘れない事につながるのだと思います。不思議とその夢では、幼稚園の周辺の様子がいろいろと場面になって出てきて、忘れていたはずの事が次々と浮かんできました。幼稚園の庭での様子や、裏の通り、隣の中央公民館、近くのお店などもよみがえってきました。体罰や暴力がその子に強い影響を与える証拠かもしれませんね。
[PR]
by shin-pukupuku | 2015-01-23 08:43 | 雑感 | Comments(0)
<< 本年度の授業終了 来年度の増える講義 >>