南三陸町の被災の様子

f0048182_1752437.jpg


 南三陸町は典型的なリアス海岸。そのために津波は内陸部奥深くまで押し寄せてきたようです。海の近くの低地のみならず、内陸部にある住宅地の奥まで、被害を受けた跡がはっきりと分かりました。あの3.11から3年過ぎて4年目を迎えようとしていますが、今でも、山肌の部分を見入ると、津波が高いところまで来たことがわかります。それを確認できる度に、心が痛みます。そのためか分かりませんが、合宿中に津波の怖い夢を見ました。鹿児島の高台にある自宅の玄関まで津波が押し寄せる夢を見たのです。あまりの恐怖に目を覚ましてしまいました。合宿をきっかけに南三陸町を訪問できて、改めて震災について考える事ができました。
[PR]
by shin-pukupuku | 2015-02-06 17:15 | 雑感 | Comments(0)