チャンス

 数年後までに、全国の国立大学法人の教育学部に、教職院大学院が設置されるのだそうです。実務家教員の割合も高く設定されているようで、管理職経験者を中心に、大学教員への採用が見込まれています。
 しかし、業績については、研究者と同じように評価していくようですので、現職教員で業績のある先生は、大学への就職のチャンスは膨らみます。管理職経験者の中には業績がない方も多いですので、必然、その隙間をぬって、現場教諭が採用されることは多々あると思われます。
 大学教員を目指している方は、50代であってもおおいにチャンスはありますので、業績を増やしていくことを続けることは大事だと思いますよ。
[PR]
by shin-pukupuku | 2015-03-17 17:19 | 雑感 | Comments(0)
<< やっと届いた 1930年代のアイルランド >>