空襲について

 先日、鹿児島のK崎さんから九州地方の空襲に関する報告集が送られてきました。K崎さんを含め、九州各地で空襲について調査研究をしている方がこれほどいるんだと思って感激しました。中身も充実していました。
 70年前の空襲ですが、今でも新しい発見があるんですね。最近はアメリカ側からの映像もマスコミで流れていましたね。
 2015年は戦後70年。空襲についての調査はおそらくマスコミによって関心の的になり、報道されることでしょう。しかし、一時期の騒ぎのためではなく、地道に研究を積み重ねている方々おられるというところに、私は心惹かれます。そういえば、前任校に勤務している時、串木野の空襲についても、まだまだわからないところだらけでした。公的な記録にもほとんど残っていませんでした。安倍政権の進める危険な国家像へのアンチテーゼとして、空襲を記録する会の取組は大切だと思います。
[PR]
by shin-pukupuku | 2015-03-22 11:49 | 雑感 | Comments(0)
<< 寒さが…… 春ですね >>