わが軍

 安倍首相の「わが軍」という発言にはあきれました。一国の首相が、憲法で使用していない語句を使用するとは、本当にあきれてしまいます。本音をどんどん出している感じです。戦後の憲法教育の無意味さを感じさせます。普通に戦争ができる国にしたいのでしょう。現憲法の価値というものが、骨抜きにされているようで残念でなりません。
 それから戦後70年の首相談話。首相直属の審議会があったようですが、その話し合いの内容にもあきれてしまいます。歴史修正主義のなにものでもなりません。なぜ、侵略戦争や植民地支配という言葉を使って反省することをそれほどいやがるのでしょうか。歴史的事実からしても、国益ということからも、その文言を使用した方が東アジアの安定につながると思います。15年戦争を侵略戦争と名付けなかったら、何が侵略戦争なのか、逆にわからなくなります。そういうことになれば、逆に中国が尖閣諸島や南洋諸島の島々を武力で奪い、これは侵略ではないと主張することでしょう。
 あきれることだらけで、この国はいったいどうなったんだと思います。
[PR]
by shin-pukupuku | 2015-03-24 18:31 | 雑感 | Comments(0)
<< もし自分が教師であったら… やはり >>