秋の気配

 朝早くからのジョギングは相変わらず続いています。すでに1ヶ月ぐらいになるでしょうか。自分の一日の生活の一部になったような気がします。
 そんな中、最近は秋の気配を感じるようになってきました。鶯の鳴き声は聞こえなくなり、スズムシの音が大きくなってきたように感じます。歩道の雑草も枯れてきていて、空気もひんやりとしてきました。お盆を過ぎると、秋が近づいてくると言われますが、まさしくそのような自然の流れを感じることができます。目に入ってくる旧北上川もこの日は流れが速く、別の姿を見せているような印象を持ちました。
 走っているうちに、自分自身の体調も日によってずいぶん違うなあということもわかってきました。この日はすごく体調が良く、最後の200mはダッシュできるほどでした。ところが、調子が悪いときは、汗を大量にかき、なんとかゴールまで走って行くという感じです。私がこんな感じなので、スポーツ選手は、日々コンディションを整えていくことが求められるのでしょうね。自然の移り変わりを日々感じながら、ジョギングを楽しみたいと思います。いつまで続けられるかな?
[PR]
by shin-pukupuku | 2015-08-19 10:31 | 雑感 | Comments(0)
<< 中学生のサミットに参加して 「火花」と「スクラップ・アンド... >>