冥福をお祈りします。

 昨日は、お世話になった方の訃報が二つもありました。葬儀にもいけないことに、胸が痛みます。
 一人は、鹿児島県R教育者協議会でお世話になった川嵜兼孝先生です。長いこと体調を崩し、入院されていましたので、10年近くお会いしていないと思いますが、先生には本当にお世話になりました。たくさんのことを学ばせていただきました。
 最初に川嵜先生とお会いしたのは、志布志で行われた県大会の時です。先生の地域に根ざした研究の蓄積を目のあたりする度に、私にとって尊敬できる方でした。にこやかな笑顔の一方で、平和と民主主義を危機に陥れる問題については、きびしい批判精神を持っておられました。
 その県大会の時に、夏冬休みの友の執筆を依頼され、その年から霧島観光ホテルの一室で8名ほどの先輩の先生方から、提出した原稿をもとにして徹底的に議論し、多くのことを学ばせていただきました。その時に、もっとも多くのことをご教示いただいたのが川嵜先生でした。友づくりは7~8年ほど続いたでしょうか、途中からあまのじゃく氏を引き込み、ともに知の喜びを分かち合いました。
 1991年のR教育者協議会の全国大会では、川嵜先生と亡永吉先生の二人が両輪となり、大会成功に導きました。その折も、多くのことを学ばせていただきました。あの時の川嵜先生の笑顔を今でも思い出します。
 私は川嵜先生の研究スタイルに憧憬してきましたが、結局、自分の能力の低さを実感し、自分は授業実践だと思うようになっていきました。川嵜先生の研究は、あまのじゃく氏が今ではしっかりと継承していると私は思っています。
 川嵜先生から学んだことは数知れずありますが、これからは学生たちに伝えていくことが私の使命だと思っています。先生のご冥福を石巻の地から祈念したいと思います。
[PR]
by shin-pukupuku | 2015-08-20 10:22 | 雑感 | Comments(0)
<< もう一人は… 引き返す >>