国会を取り囲む12万人集会

 8月30日に国会議事堂前の集会とデモについては、私も情報としてありましたが、実際に東京まで足を運ぶ予算がありませんでした。しかし、FBでは、参加者の声が次々と入ってきて、その規模の大きさに感動することでした。10万以上が国会の前に集まるというのは、1960年の安保闘争以来なのでしょうか?日本の民主主義の力に、勇気をもらいました。
 ところが、NHK7時のニュースでは、このデモについてはほとんど取り上げられませんでした。トップニュースはタイのテロ事件の容疑者についてで、なぜ、この集会がトップにならないのか、その意図的なニュース配信に、NHK経営陣の政府への配慮を示す姿勢を改めて感じることでした。そして、本日においては昨日のデモについて、菅官房長官の談話を発表し、国民の間違った不安を取り除きたいという部分を示し、政府の今回のデモについての考え方をさらに強調しているように感じました。
 私たちは、マスコミ報道を見きわめて、事実と正義を判断していく時代に突入したようです。ますます戦争の足音が近づいてきているのかもしれません。
[PR]
by shin-pukupuku | 2015-08-31 17:42 | 雑感 | Comments(0)
<< 奥深い避難訓練 「最後の警官」を見ました >>