初雪

 昨夕、石巻では初雪が降りました。みぞれ交じりで、すぐに雨になりましたが、冷たい冬がもうそこです。現在(9時半)も、2度。外はすっかり冬の景色になってしまいました。
 先週、タイヤ交換を行っていたのでほっと一安心でしたが、肝心の灯油を購入していませんでした。東北で一冬を越すというのは、それなりの準備が必要です。これからの寒い冬を考えると、鹿児島の小春日和が続く冬が恋しくなります。
 続けてきたジョギングも今朝は冷たい雨のために中止にしました。その代わりに、部屋の中で30分走りました。冬場はこれしかないようです。しかし、下の階の人がうるさい思いをしていないか、それだけが心配です。
[PR]
by shin-pukupuku | 2015-11-26 09:26 | 雑感 | Comments(3)
Commented by ぽんジュース at 2015-11-27 21:49 x
こんばんは。

ソウルでも昨日,初雪でした。こちらは急降下で寒くなり今はマイナス3度です。

ハンギョレ新聞の風刺画は面白いのですが,URLにリンクした図をどうのように見ますか。

「歴史」と「ボールペン」,「チル(7)」と「7分」,「パロ」の意味,「YS(金泳三)」など。

社会科の授業で風刺画を使うととても面白いと思うのですが,現場ではいかがでしょうか。

Commented by shin-pukupuku at 2015-11-28 10:38
私は日本の近代史は風刺画を活用しながら授業づくりを行ってきました。風刺画を読み解くことで、当時の国際情勢や社会の雰囲気を把握させようというねらいがあったからです。風刺画は生徒たちの歴史イメージを高めるという意味では効果的だと思います。しかし、欠点もあると思います。その風刺画が逆に生徒たちの歴史認識や社会認識をせばめてしまうのではないかという不安です。マンガは印象的ですので、理解を容易にすると思いますが、同時に認識を浅いもの、一方的なものにしてしまうのではないかという不安です。また、優れた風刺画と的外れの風刺画をだれがどのように選択して生徒たちに提起するのかーそこには教師の思想性が入り込んでしまう可能性もあります。
 しかし、生徒たちもマンガは好きですので、風刺画の活用は難解な教育内容を生徒たちの目の高さまで降ろしてくれるものであると思います。だから私は現場で活用してきたわけです。
 ハンギョレ新聞の風刺画はたしかに面白いですが、ある時間をおかないと、あまりにも政治的すぎていて、活用は困難なのではないかと思いますが…。
Commented by ぽんジュース at 2015-11-28 22:41 x
こんばんは。
詳細なコメントありがとうございました。

政治的な問題をどのように扱うのかはとても難しいですね。新聞にはそれぞれのカラーがあるので教材として活用するのも教師の価値観が入るので中立的に使いこなすのは容易ではないと思います。

今日は日韓に歴史教科書についての会議を聞きながら、歴史的事象を授業でどう扱うか考えていました。理論的に考えると実践的ではないとよく言われますが、理論の共通性と差異を考えてみるのが面白いのではないかと思い、こちらの論文をこつこつ調べているところです。教科書は具体的なものとしてわかりやすいのですが、歴史的事象の差異にある背景を理解するにはとても難しいです。

明日は、中国の方も加わった共通教材の会議ですが、変数が増えると難しくなる方程式みたいですね。

また、ご意見をよろしくお願いいたします。
<< 「アクトオブキリング」を見て 岩波講座現代第1巻 >>