台湾の街の様子

 台湾の街は、活気があります。それは屋台などが多数出ている通りがあるだけでなく、街そのものから感じました。建物はレトロなものが多く、地震の時は大丈夫なんだろうかと思うぐらいですが、レトロ故に郷愁を誘います。
 びっくりしたのは、予想はしていましたが、バイクの多さです。すごい数でした。そしてその爆音のすごいこと。また、路上駐車が多くて、一般の通りのあちこちにバイクや自転車が停めてありました。心配するのは、点字ブロックがなかったこと。現地の先生に聞くと、法律で決められているはずなのに、変だと言っていました。しかし、私が見るところ、点字ブロックのような障がい者への配慮は弱い気がしました。
 地下鉄の便利さは、日本をしのいでいると思います。その料金も極めて安く、suicaのようなカードを利用すると30円ぐらいの料金でした。公共交通機関は整備されている印象を持ちました。
 最初は、別の予定が入っていたので、台湾行きを断ったのですが、調整してやはり行くことにしました。行ってみると、本当に良かったと思っています。今では、機会があったら、再度訪問したいなと切に願っています。

f0048182_953126.jpg

[PR]
by shin-pukupuku | 2015-12-15 09:53 | 雑感 | Comments(0)