違いを楽しむ

 平泉の中尊寺を盛岡から来られた鹿児島のSさんと訪問しました。冬の中尊寺は初めてでしたが、観光客も少なく、金色堂ではがぶりつきで見学することができました。春、夏、秋と見てきましたが、冬の景色もなかなか趣のあるものでした。特に、毛越寺の季節に違いには驚きました。毛越寺は紅葉の時期がすばらしいと思うのですが、冬の景色は庭の池がすべて凍っているのです。池がスケートリンクのようになっていました。その姿に本当に驚きました。そして静かな空間が広がっていました。冬故の静かさなのかもしれません。
 石巻では日和山から南浜を眺めましたが、その南浜に降りていくと、さらにかさ上げ工事は進んでいて、大きなバイパスが姿を現していました。国立の慰霊鎮魂の公園と住宅地を分ける防波堤の役目をするバイパスになるのでしょう。かさ上げの高さとその風景の変化に驚きました。
 大川小学校の被災校舎では、実際に雪の中を津波が来た高さの山まで歩いてみました。簡単に登ることができました。見学していると、Sさんは孫を亡くした高齢者の方と語り合っていました。知らないうちにお話を伺っていました。さすがだなあと思いました。その行動力に敬服します。その姿勢は昔からありました。私は遠くからそんな姿を感心しながら眺めていました。
 Sさんは昼前には帰っていきましたが、訪問して防災教育について考えた思いを、ぜひ子どもたちに伝えてほしいと思いました。そのことが私の切なる願いでもあります。
[PR]
by shin-pukupuku | 2016-02-08 14:36 | 雑感 | Comments(2)
Commented by yksayyys at 2016-02-08 19:54
お世話になりました。Sはきっとこれからの教育実践に活かそうと決意しているはずです。秋の平泉も素敵でしたが冬も良さそうですね!
Commented by shin-pukupuku at 2016-02-09 16:42
今度は冬にも遊びに来て下さい。毛越寺の庭園には驚くはずです。私も絶句でした。それにしてもSさんは聞き上手ですね。私はあまり自分から自分のことをしゃべらない方かなと思っていましたが、Sさんにはどんどんしゃべっている自分がいました。すごいと思いました。
<< 加藤先生逝去 ブラックスキャンダルを見て >>