舌の痛み

 1月末に行った舌の手術。その後、あまり経過が芳しくなく、この日は仙台市まで診察に行きました。すでに1ヶ月ほど経つのに、相変わらず痛みがとれず、堅いものを食べられないという状況でした。
 診察してもらったら、溶けるはずの糸が表面だけ溶けていて、それ以外は舌にへばりついていたようで、その糸をすべて取り出してくれました。痛みが走りましたが、その後は、舌の動きがかなりスムーズになって、痛みも治まったような気がします。つまり、舌の中の糸が痛みの原因であったようです。
 お昼に、この日はカツ丼を食べましたが、痛みはかなり消えて、舌の動きもスムーズ。やっと生き返ったような気がします。これでおいしいものを食べられそうです。ああ、本当に良かった!これでますますビールがおいしくなりそうです。
[PR]
by shin-pukupuku | 2016-02-17 17:34 | 雑感 | Comments(2)
Commented by yksayyys at 2016-02-17 21:05
また、共にうまい酒を飲むために体調だけは整えておいて下さい。お互いにですけど・・
Commented by shin-pukupuku at 2016-02-18 17:40
そうですね。ぜひいっしょに飲めるように体調管理に努めておきます。
<< 「混迷の時代!社会科はどこへ向... 本谷有希子「異類婚姻譚」 >>