30年前の・・

東京に来ています。最初の用事は、学生時代の友達といっしょに飲むことでした。私は越谷・草加周辺で塾教師のアルバイトをしていました。それがきっかけで親しくなった友達数人とその越谷で飲みました。
8月末にもお会いしていっしょに飲んだのですが、今回はなつかしのお世話になったその友達のお母さんにもお会いすることでした。ときどき泊まっていろんな話をしていた仲なのです。といっても二つ下の後輩でもあります。不思議なつながりで、塾教師のアルバイトは、同じ高校大学の先輩たちや地元出身地の先輩方と縁があって、その紹介で大学4年生から始めました。途中で、私が病気となり、地元の病院に入院することになり、そのためにやめてしまったのですが、短い時間にもかかわらず、深いつながりとなりました。その塾の塾長や友達は入院先の鹿児島にも足をのばしてくれて、さらには私が初任地に赴任するときも鹿児島のフェリー乗り場まで来てくれたのです。私は初任地に赴任するときに彼らが来てくれたことをすっかり忘れてしまっていました。
おいしい料理をたしなみながら、日本酒を飲み、昔を語り、そして現在の状況を語りましたが、昔とぜんぜん変わっていないと思いました。みなさん、かなり偉くなっているようでしたが、そんなことはぜんぜん出さず、塾長だった恩師は75歳にもかかわらず、お元気そうでした。
次は毎年行ってきて18回を数えるゴルフ大会を石巻でしようということになりましたが、私はゴルフは打ちっぱなしもしたことはないし、ましてやゴルフ場も行ったことはありません。恩師のキャディー役ならやりますよと宣言することでした。それにしても楽しい時間でした。
[PR]
by shin-pukupuku | 2016-02-23 10:09 | 雑感 | Comments(0)
<< 大江戸東京博物館 「混迷の時代!社会科はどこへ向... >>