誠に残念です。

 鹿児島の地方ニュースで昨日流れた「中学校教諭の酒気帯びによる追突事故」についてですが、その事故を起こした教諭は私の元同僚です。しかも、私の自宅のすぐ近くに住んでおりました。転勤後は鹿児島市内の中学校で勤務していたのですが、通勤しやすいところに引っ越していたようです。
 ニュースを知って、とても信じられませんでした。それは、彼が教育実践においても人間性においてもすぐれた中学校教師であるということもそうですが、同僚であった時は、飲み会があると彼はほとんど飲まなかったからです。そのため、彼の車に乗せてもらって何度自宅まで送り届けてもらったかわかりません。私は飲み会で確実に飲む人間ですが、彼は飲まないことが多く、そしてまた飲むのがあまり好きではない方だったと思います。
 そんな彼を知っているので、なぜ酒気帯びをしたのかわかりません。おそらく、歓迎会でしきりに進められて好きでもない酒を飲み、いつもの飲まない飲み会の時のようにそのまま運転してしまったのでしょう。実情はまったくわかりませんが、それしか私には考えられません。
 彼の今後を考えると、憂鬱になります。非常に残念でなりません。なんとかならないものか…。
 昨夜は、ついついアルコールの量が増えてしまいました。
[PR]
by shin-pukupuku | 2016-04-10 10:01 | 雑感 | Comments(0)
<< ぜひ、手を挙げてほしい 不登校問題に対応する教師たちの情熱 >>