事務仕事

 私はどちらかというと事務仕事は嫌いではないのかもしれません。中学校教諭の時に鍛えられてきたからでしょう。どんどん事務的な作業をお願いされますし、また自分からやっています。昨年は博論執筆もあったので、できるだけ逃げるようにしていたのですが、それでもしらないうちに教職関係の仕事が山積みになりました。
 今年は、比較的余裕があるので、自分から進んでやることにしています。いまのうちに恩を売っておけば、そのうちにいいことはあるでしょう。忙しくなるというのは充実した毎日が送れることにつながっていると自分に言い聞かせて事務仕事をこなしています。
 本日も朝から事務仕事をこなしています。やっと書類一式を終わらせ、午後の会議に間に合いました。次は、別の書類も作成しないといけません。仕事はどこまでも続くという感じでしょうかね。
[PR]
by shin-pukupuku | 2016-04-21 12:17 | 雑感 | Comments(2)
Commented by 佐賀のT中 at 2016-04-21 19:10 x
事務的な仕事が嫌じゃないのは、凄いなぁと思います。私は、今年も進学担当なので( 何と今の職場に4年目で、今回で3回目の担当です )、パソコンとにらめっことなるでしょう。これが一番辛い仕事です。眼・頭・肩がガチガチになってしまいます。さすがに、こうした事務的な仕事は、年齢的に「勘弁して欲しいなぁ」と思ってしまいます。パソコンに向かっての資料や文書づくり、「昔はこんなに複雑だったかなぁ」と思ってしまいます。
Commented by shin-pukupuku at 2016-04-22 06:07
進路指導担当は、たしかにパソコンとにらめっこの場面が多くなりますね。私も進路指導担当が多く、自分にも仕事としては合っているような気がしていました。しかし、その時に学んだエクセルなどのパソコンの知識は今でも役立っていますね。ただ、年齢的にパソコンを見ていると目がかすんでしまうことも多いです。それよりも授業している方が時間はすぐに経っていくし、充実している気がしますね。
<< うれしいかぎり 藤田孝典『下流老人』朝日新書を読む >>