無事に完走

 この年になって初めてハーフマラソンに挑戦しました。本日登米市で行われた東北風土マラソンです。このマラソンは競争ではなく、走りを楽しむという趣旨で行われていました。そのために、給水ポイントで東北の食が振る舞われ、仮装で走っている人たちも多く見られました。
 私の目標は完走。はたして可能なのかと始まる前は少し不安でしたが、走っているうちにこれは大丈夫そうだなあと思いました。私はこの半年以上、ずっとジョギングをしてきましたので、他の人たちよりもずっと楽に走っている感じでした。ゼーゼー言って走っている人がいる中で、私はそれほどきつくありませんでした。そのためか、10kmぐらいからペースをあげましたが、どんどん抜いていきました。気持ちがいいぐらい、多数のランナーを抜きました。
 長沼湖の周りを走りましたが、景色が良く、天気もぽかぽかと晴れていて、また、沿道では地域の人たちの応援がありました。気持ちいいなあと走っていたら、あっという間に15kmぐらい過ぎていました。しかし、ペースをあげたために、最後の4kmぐらいは足が痛くなり、きつくなりました。
 なんだ、ハーフマラソンってこれぐらいなんだという感じでした。しかし、マラソンにはチャレンジするのはやめます。ハーフを終わった後、さらにもう1周走るなんて、この年では無理でしょう。
 記録は1時間58分。50代で最初のチャレンジにしては、2時間を切っていますので、なかなか満足できるものでした。
 ところが、自宅にもどってきたら、足の痛いこと痛いこと。これは数日は痛みが続くかもしれません。こまったもんだ。
[PR]
by shin-pukupuku | 2016-04-24 16:31 | 雑感 | Comments(0)
<< 益川敏英『科学者は戦争で何をし... うれしいかぎり >>