念願の…

 毎年楽しみにしているヤクルトスワローズのプロ野球観戦。今年は、先日、コボスタ宮城で行われた楽天戦を見に行きました。ネットでチケットを手に入れて、バックネット裏でしたが、正確には一塁側ベンチ上という場所でした。
 コボスタには初めて行きました。行こう行こうと思いながら2年が過ぎ、やっと念願の球場でした。観覧車も完成して、すごくきれいな遊園地のようなところでした。そしてスクリーンがきれいなので、お客さんを飽きさせない仕掛けが随所にありました。私は、開始1時間前に到着したために、試合が始まったときには、すでに大好きな生ビール2杯目に突入で、少しほろ酔いで野球を見ました。
 試合結果はヤクルトが10対3の大勝でした。私が観戦に行くとヤクルトが勝つというジンクスがすでに5回も続いています。うれしいかぎり。
 しかし、試合内容はかなり大味なものでした。やはりパリーグ最下位とセリーグ最下位のゲームかということを思わせるものでした。特に楽天はひどくて、ホームの楽天ファンからはかなり批判的なヤジが飛んでいました。それもそのはず。ヤクルトは労せずして、押し出しで3点ももらったからです。楽天の出てくる投手は、出てくるたびに火だるまになり、打者はぜんぜん打てず、これでは勝てないなあと実感させるものでした。7回に山田がスリーランホームランを打ったときは、球場からかなりの楽天ファンが帰っていきました。8回ぐらいになると球場はガラガラという感じでした。
 試合時間も長くかかってしまって、私も電車の時間があったので8回が終わると帰ることでした。
 自分にとっては楽しい時間となりました。ビール片手に好きなチームの野球観戦、やはり最高です。次はどこに行こうかなあ。
f0048182_1093681.jpg

[PR]
by shin-pukupuku | 2016-06-10 10:09 | 雑感 | Comments(0)