助かった!

 昨夕は大変でした。持っていたはずの財布が見つからず、1時間ほど探していました。
 まず、昼食時に財布がいつものバッグの中に見つからず、結局、学内のコンビニでスイカで弁当を購入しました。その時は、おそらく自宅に忘れたのであろうと思っていました。
 ところが、夕方に自宅の部屋を探すも財布は見つからず、再度研究室に戻り、財布を探しましたが、見つかりませんでした。途方に暮れてしまいました。
 再度、昨日からの自分の行動を思い出し、いつどこで財布を出したのかを振り返ることでした。
 そこで浮かんできたのが、昨夜のイオンでの買い物。よく考えると、そこから財布を見た記憶がないのです。これは、ひょっとしてイオンで財布を盗まれたかなと一瞬、いやな気がしました。慌てて、イオンの電話番号を調べて、インフォーメーションセンターと連絡をとりました。
 私の財布の特色と中に入っていた免許証を説明すると、係員がひとこと、「あります」。
 しかも、中身のお金までそのまま入っているとのこと。しかし、昨夜の大雨で財布はびしょ濡れで中身も濡れていることの説明がありました。
 急いで、イオンに車を走らせました。担当者から財布を受けとると、たしかにびしょ濡れでしたが、カードもすべてそのままの状態でありました。
 担当者の話では、「駐車場に落ちていて、雨でびしょ濡れになっていたのを従業員が拾った」とのこと。私は、心の底から喜びました。なんと感謝していいのかわからないほどでした。
 お礼に、いつもは近くの生協で買い物をするのですが、この日はイオンで買うことでした。
 ついていたのは、昨夜イオンで買い物をして帰るときは9時半頃で、駐車場にお客さんはほとんどいませんでした。おそらく車に乗るときにポケットに入れていた財布が落ちたのでしょう。私はそれに気づかず、朝までそのまま落ちていたというわけです。それを朝一番に従業員が発見し、そのまま落とし物のところに預けてくれました。
 これが、日中だったりしたら、どうなっていたかわかりません。本当についていたなあと思うことでした。それにしてもこれからは日常的に持ち物に気をつけていきたいと思います。
[PR]
by shin-pukupuku | 2016-06-29 09:18 | 雑感 | Comments(0)
<< 歴史地理教育今月号 6月の教育実習と就活 >>