台風10号

 東北地方に観測史上初めて、台風が上陸しました。初めてということもあり、私も台風対策を自分なりに行い、台風に備えました。部屋から外出しないということを第一にしました。近くには旧北上川が流れ、石巻市の中でもすぐに避難待機情報が流れた地域だからです。堤防が決壊ということになると、周辺は大変な状況になることも予想されました。また、停電の心配もありました。
 部屋に一日中いました。勤務先も休業になったことをホームページで知りました。
 ところが、台風は思った以上に風が弱く、雨も強くありませんでした。おそらく、台風は石巻よりも東の方を通過したからだと思われます。台風の勢力では、中心から西側は勢力が弱いというテレビ解説を聞きました。夕方になってもそれほど驚くような状況はなく、気がつくと気仙沼に上陸していました。鹿児島での台風直撃を何度も経験している私からすると、こんなのは台風ではないと思うほどの状況でした。
 しかし、被害が少なかったことを心より喜びたいと思います。私はなんらかの被害がたくさんあるだろうと予想していました。予想ははずれましたが、むしろ外れた方が良かったのは明らかです。災害は想定以上の備えをして、何もなければそれは優れた対策だったと思います。津波の被災地故に、経験上、それは大事なことだと今回も痛感しました。

[PR]
by shin-pukupuku | 2016-08-31 09:31 | 雑感 | Comments(0)
<< シン・ゴジラを見て 東北旅行最大のトラブルは >>