マラソン大会

 先日の日曜日は、加美町で行われた「やくらいマラソン大会」に出場しました。男第5部の部門で10km走りました。
 初めて参加した東北風土マラソンとは違っていて、どことなく記録を目指す大会の雰囲気が漂っていました。私はジョギングのつもりでしたので、それほど気にしてはいませんでしたが、実際に走り出すとかなりのハイペースでした。びっくり。いつも30分以上は走っていますし、ときどきは45分や1時間も走るので、大丈夫だろうと思って走って行きました。
 ところが、この日は気温が28度まで上がる最悪の暑さ。私もこの暑さにまいってしまいました。すでに20分過ぎから疲労感が出てきました。これは大丈夫かなと不安に思いながら走りましたが、7kmぐらいから登り坂にコースは入っていきました。これに疲労はさらにピーク。スピードもぐっと落ちました。前を見ると、私と同様に疲れてしまってペースが上がらないランナーばかりでした。
 途中、もう次は大会にでないぞ、なんで金を払ったのに、こんなに苦しんで走らないといけないんだと自分自身に怒りながら走り続けました。
 ゴールまで走りきった時は、フラフラ状態でした。おそらく暑さのためにそうなってしまったのでしょう。倒れんばかりの状況でした。
 結果は、5部95人中29位。10km51分の記録でした。5部の優勝者は50代なのに、36分ぐらいで走ってしまう人がいるのに驚きました。
 やはり走るのを楽しみながら参加したいと思いました。記録よりも景色や自然を満喫して完走するというのがいいなあと考えました。今回のように苦しくなって走るというのは避けたいなあと思います。すでに11月に2つの大会にエントリーしています。こりずによくやるわという感じです。

[PR]
by shin-pukupuku | 2016-09-29 09:17 | 雑感 | Comments(0)
<< 寒くなりました 戦争中の暮らしの記録 >>