トランプ大統領就任

 ご存知の通り、トランプ大統領が誕生しました。みなさんは、トランプ大統領についてどのように考えておられるでしょうか。
 私は、アメリカ国内での反対運動、世界各地における反対運動を見ると、トランプ大統領は何かの致命的なミスで、途中で大統領職を投げ出してしまうのではないかと予想しています。もしくは高齢ゆえに、健康面からの引退、あるいはアメリカ社会でこれまで何度か起こってきた暗殺などもあり得るでしょう。その時期がいつごろになるかは、予想できませんが、1年間はトランプの政策に喝采の声を挙げる人々も、それ以後の社会状況や福祉的な面から、きっと不満を持つようになるのではないかと思います。
 そうなると、副大統領がキーマンになるのではないかと予測しています。副大統領は、マイク・ペンス(57)だそうです。下院議員やインディアナ州知事を務めたベテランで、政治に精通しているという朝日新聞の解説に書かれていました。共和党の保守で、福音派と呼ばれる宗教右派からの信頼が厚いのだそうです。
 このマイク・ペンスに注目していく必要があるのではないかと私はなんとなく思います。トランプを背後から支える人物ですが、実際のところは政策的な調整に忙殺しそうです。
 反トランプは国境を越えて、世界中が不安を感じています。その一挙手一投足が注目の的となってきそうですが、マスコミを敵対視し、SNSを利用した初めての大統領になるのは確実ですね。

[PR]
by shin-pukupuku | 2017-01-23 09:27 | 雑感 | Comments(1)
Commented by 闘龍灘 at 2017-02-06 21:32 x
ルポ トランプ王国(新書)
もう一つのアメリカを行く
なぜトランプなのか? ニューヨークからアパラチア山脈を越え地方へ.朝日新聞の人気デジタル連載,待望の新書化.

件の岩波新書を読みました。

トランプ大統領が誕生した背景には中流階級の危機感と没落していく地方都市の労働者の思いがあることがわかりました。

普通のアメリカ人ってどんな人たちなんでしょうか。

トランプ政権と安倍政権を支えている人たちの背景が透けて見えるような気がしました。

知識人とは違う人々の思いをどのように受けとめるのか主権者教育が華やかないまも一度考えてみる必要がありそうです。
<< 弁護士布施辰治 「この世界の片隅に」を見て >>