台湾の酒事情

 最近、紹興酒を飲んでいます。12月の台湾訪問の時にいただいたものです。甘ったるい味なのですが、飲んでいるうちに深みのある味で、少しはまっています。先日も研究会後のスカイプによる飲み会でも、私の方は結構飲んでしまいました。ところが、翌日は二日酔いはまったくありませんでした。
 12月の台湾訪問で感じたことをこのブログでも書いた一つが、台湾の酒事情でした。Um先生と居酒屋風のところを台北駅の南側のエリアで探しましたが、結局見つからす、コンビニで台湾ビールを一人部屋で飲むという結末になりましたが、その時に、台湾は酒文化ではなく、食文化ではないかと書きました。
 最近読んだ文庫本、下川裕治『週末台湾でちょっと一息』に次のような一節がありました。
「酒事情でいえば、台湾は東南アジアに似ているかもしれない。食事と酒が結びついていない。だいたいアジアのなかで、酒中心の小さな店がひしめいているのは、日本と韓国ぐらいなものだ。仕事帰りの居酒屋でビールや焼酎の水割り…といったおじさんは、台湾の路上で天を仰ぐことになってしまう。」
 まさしく台湾の路上で天を仰いだおじさんは私だったようです。台湾で有名な夜市にも酒は基本的に売っていないようです。みなさん、食事を楽しんでいるのです。酒を買いたい人は、コンビニで買ってきて夜市で飲むというスタイルのようですよ。

[PR]
by shin-pukupuku | 2017-01-31 11:19 | 雑感 | Comments(0)
<< 「エクレールお菓子放浪記」を見て 女子力 >>