家族に乾杯で…

 昨夜、たまたまつけていた「鶴瓶の家族に乾杯」の番組を見ていたら、なんと「いちき串木野市」でした。思わずがぶりついて見ました。なつかしい風景が広がっていました。神村学園のソフトボール部や理事長、そして市来農芸高校に濱田酒造、砂浜の夕日など、いちき串木野市の魅力が満載で、いつも以上に楽しめる番組になっていました。ひょっとしたら知っている人が出るかなと期待していましたが、結局だれも出演しませんでした。ただ、最後の方の写真好きの高校生は。教え子の妹のような気がしました。
 家庭訪問で歩いたり、見たりしたところが何カ所かありました。鹿児島弁もひじょうになつかしい感じがしました。最後のみそのラーメンでは、まぐろラーメンではなくとんこつラーメンを紹介していたのが、不思議な感じでした。
 いちき串木野市を離れてから3年間が過ぎようとしています。前任校のブログを毎日のように眺めていますが、生徒たちはだれも知りませんし、先生たちもずいぶん変わってきています。変わってきている校内の風景に寂しさも感じていましたが、この日の番組を見て、元気をもらったような気がしました。

[PR]
by shin-pukupuku | 2017-02-21 09:22 | 雑感 | Comments(1)
Commented by yksayyys at 2017-02-21 09:54
私も見ました。アマノジャク
<< 私が道徳の指導法を… 東京一極集中を避けるためには… >>