その日を信じて

帰省を終えて、石巻に戻ってきました。今日からいよいよ新学年度です。

 鹿児島では故郷の味や景色を満喫してきました。多くの仲間と会い、現在の自分は支えてくれた仲間のおかげであることを改めて確認でき、感謝することでした。

 残念だったのは、妻とあまりいっしょに過ごすことができなかったことでした。妻は転勤となり、喜界島へ赴任することになりました。その準備に時間をとられ、さらに送別会などもたくさんあったために、妻は多忙でした。それはわかってはいたのですが、やはり残念でした。

 それにしても今後は妻の勤務地で会うためには、私は乗り継ぎを3便しないと会えません。非常に残念です。これが大島本島北部であれば、奄美空港には東京便もあり、関西空港便もできました。そうすれば、すぐに行けたのですが、喜界島はどうしても鹿児島経由となってしまいます。単身赴任の状態はさらに悪化することになり、会うための時間も少なくなることでしょう。本当に残念です。

 しかし、めげずに頑張っていきたいと思います。きっと良きことが待っていることでしょう。その日を信じていくしかありません。


[PR]
by shin-pukupuku | 2017-03-31 09:01 | 雑感 | Comments(0)
<< 閣議決定に言葉を失う 教育政策の四つのパラダイム >>