蔡英文『新時代の台湾へ』を読んで

 今朝の朝日新聞の記事では、「蔡政権内憂外患」とあり、支持率が総統就任当時の52%から30%に落ち込んだと書いてありました。「対中国弱腰批判も」という見出しもあります。台湾の民進党は基本的に中国からの「独立」志向でありますが、蔡政権は現状維持を訴えてきました。
 タイトルの本は、蔡英文が総統になるまでの基本政策についての自分の考えを書いています。それは、民進党の綱領にしばられた政策ではなく、台湾全土をくまなく回り、そこで出会った民との出会いを通して政策立案がなされていることを紹介していました。特に、2014年に立法院を占拠した「ひまわり運動」の中心であった若者に対する期待や思いを大事にして、台湾の未来を切り開いていこうという姿勢をこの本から感じました。
 台湾の民主化はこの30年あまりと日が浅いですが、日本以上に民主化が進んでいるような気がします。それは、この国を思う多数の民に支えられているからでしょう。10年後20年度にに台湾はどうなっているかはわかりませんが、大国の狭間のなかにもかかわらず、蔡総統のようなリーダーが続くかぎり、民主的な社会づくりは進んでいくことでしょう。台湾を訪問するために、この国の活力を感じます。

[PR]
by shin-pukupuku | 2017-05-18 09:34 | | Comments(0)