本日は…

 本日は海の日ですが、授業日です。いつものように大学に出勤しています。学生の指導等、午後からは忙しくなりそうです。
 仕事を進めるのは午前中にやらないといけませんが、どうも朝からやる気がでません。やはり、世の中が祭日の時に、仕事があるというのは違和感があります。それに、朝から研究費関係の支払いでいろいろと言われて、なぜそんなに柔軟な対応ができないのだろうかといやになります。これでは、研究をしようという気持ちが萎えてしまいます。
 特に最近、事務関係の締め付けがきびしくなり、提出書類も増えたような気がします。もう少し柔軟さがないと、研究上のアイデアは浮かばないと思います。不正をしていないのに、不正を防ぐためにとる策が、逆に気持ちの面でやる気を失わせてしまうのです。そのためでしょうか、学内研究費の助成を申請する人が減少しています。
 これは、組織においてよく起こることだと思います。管理強化によって、組織内の構成員が次第にやる気を失い、逆に効率や効果が下がっていくというものです。学校現場はその最たるものでしょう。夏休み中の勤務を管理強化することによって、先生方は自主的な研修をしようとする意欲を失ってしまいました。行政研修にはやむなく参加しますが、自ら金を払って研修しようとする先生ははたしてどれぐらいの割合なのでしょうか。以前に比べると、ずいぶん減ったように思います。そのことが、学校現場での優れた教育実践を失わせているように感じるのは私だけでしょうか。

[PR]
by shin-pukupuku | 2017-07-17 09:37 | 雑感 | Comments(2)
Commented by 闘龍灘 at 2017-07-17 21:15 x
最近はどんどん世知辛くなっていますよね。

まあもともと研究費なぞなくても諸々やっていたのですから、ゼロでもなんとかなると思うのですがあればできることもあるのでどうなるたらです。

このさきよくなるといいのですが。
Commented at 2017-07-22 17:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 同じようにはいかぬ 改革のむずかしさ >>