反応がわからず…

 「発達障害と生徒指導」について講演しました。反応が今少しわかりません。最初の入り口から参加者の行政研修ゆえの「やむをえず」という反応を感じました。
 人権教育のクイズ問題を出したり、判決書活用のアクティブ・ラーニングを取り入れたりして、とにかく居眠りだけはさせないという目標でやりました。見事に、居眠りする先生はほとんどいませんでした。
 しかし、終わった後に質問はなく、なんとなく終わったという感じでした。これほど反応が読めないのも私にとっては初めてでした。
 まあ、ともかく終わったので、それで良しとしたいと思います。

[PR]
by shin-pukupuku | 2017-07-27 04:50 | 教育関係 | Comments(0)
<< 批判を受けながら… 「発達障害」 >>