SKa37oの論文

 『歴史地理教育』2017年11月増刊号をぱらぱらとめくっていたら、ska37oさんの原稿が目に飛び込んできました。そういえば夏にあった時に、掲載されると聞いていたなあと思い、早速、実践を読むことでした。
 タイトルは「校区たんけんー地域の様子と地図記号」でした。前任校でも地域調査の実践を報告していましたが、その時は評価の問題と重ね合わせていたことをよく覚えています。
 今回の報告で目に留まったのは、ICTの活用でした。グーグルマップ、タブレットなどを利用して校区たんけんを実践していますが、その課題を把握し、デジカメに変更しながら実践を進めて行く点にまず感心することでした。
 実践を読むと、子どもたちが自分たちの地域を楽しみながら校区たんけんしたことがよくわかります。そして「実際に歩くことで校区の広がりを体感し実感できることも、登下校に保護者の送り迎えが増えてきている中では大切なことだと思う。」というまとめに納得することでした。
 最後は、評価についてまとめていますが、これまでの実践とつなげていることに、ska37oの実践の発展を感じることでした。
 さらに、安全マップの作成などは、私が進めている安全学習の研究と重なっていますので、興味関心をさらに持つことでした。
 現場の先生方に聞くと、最近は地域調査の実践がなかなかなされなくなってきたということのようです。そんな中で実践を進めているska73oさんに敬服する次第でした。

[PR]
Commented by ska37o at 2017-11-18 23:11
ありがとうございます。今の職場でもまた、こつこつやっていきたいと思います。
テスト問題が、歴教協のHPの大会報告号のところにアップされています。大会で、3の問題は資料活用ではなく、暗記だから知識理解じゃないかという指摘がありました。また、地図として、道路は黒、川は、点線じゃなく実線じゃないかともどうすればいいかなあと思っています。よかったらコメントください。
Commented by 闘龍灘 at 2017-11-19 08:07 x
こんにちは。

わたしも早速読みました。ちょうど、初等社会科教育法の授業で地域学習にはいったところなので、授業で学生にもよんでもらおうと思います。

次期学習指導要領では、3年生から地図帳が配布されるようですね。子どもが地図に入らないといったところに地図記号があるよと指導していたくだりが先生らしいと思いました。

地域調査も時間が削られてなかなか指導できない先生が増えていると聞きます。食べ歩きが社会科の醍醐味だと思うのですが、その魅力に学生も気づいてくれるといいですが。

またお会いできるのを楽しみにしています。いまから神戸のハーバーランドキャンパスで国際シンポジウムに参加してきます。
Commented by shin-pukupuku at 2017-11-20 10:51
問題を見ましたが、授業に沿った問題ですばらしいと思いました。たしかに、3の問題は分かりづらいですね。「地図の記号を」という文は、「地図記号」と勘違いしてしまいました。道路と川については、修正した方が良いかもしれませんね。地図が修正されると、「資料活用の技能」として評価できると思いました。
Commented by yksayyys at 2017-11-20 20:08
この実践のすばらしいところは年々進化を遂げているところだと思います。最初、県教研で報告を聞いた時に評価は市販のテストを使っているということでした。私はすかさず「せっかくそこまでやって評価は市販じゃ変だよ。それくらい自分で作ったらどうなの!」とからみました。年中テストばかり作っている中高の教師の「嫌み」だったのかもしれません。ただ、その時も言いましたが、歴教協も教研も「評価」というテーマに無関心なように思います。きめ細かい実践を展開しておきながら、「どう受けとめたかは生徒次第」というのは聞こえはいいですが、少々無責任なような気もします。そういう指摘に翌年ska370さんは正面から応える実践報告をされました。評価問題を自分の実践に即して作成してきました。そういう「PDCA」の改善を数年にわたって繰り返して今の実践に到達しているところに大きな価値があると思います。
 今年も私はその高度な実践に注文をつけました。「その面白い地名の意味を掘り起こしてよ!」その成果を来年期待していますよ!!!!
by shin-pukupuku | 2017-11-18 09:36 | 教育関係 | Comments(4)

なにやら思いついたことをつれづれなるままにⅡ


by shin-pukupuku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31