残念、掲載不可

 不登校支援関係の論文を同僚のT先生と連名で投稿していたのですが、再審査の結果が送ってきました。掲載不可でした。3名のレフリーのうち、二人は掲載可で、修正もほとんどなかったのですが、一人のレフェリーが掲載不可。しかも不可の理由が今一つよく分かりません。おそらく、研究の定式にこだわっていて、今回の論文の研究方法に疑問を持っているようです。研究は、テーマを決めて仮説をたて、それに合わせてデータを集め、そして分析するという一連の流れを大事にしている方のようです。しかし、言わせてもらうと、研究は実践をやる中で研究テーマが浮かび、調査をする中で新たな仮説が生まれることもあります。柔軟な発想が大事なところもあると思うのですが、この査読者には通用しないようです。反論できる機会があるのなら、反論したいほどなのですが、そのような機会は準備されていないようです。
 誠に残念でしたが、あきらめるしかありません。しかし、ここまで頑張ってきた論文なので、どこかの学会誌に掲載されるまでチャレンジしようと二人で話し合っています。

[PR]
by shin-pukupuku | 2017-12-12 10:21 | 教育関係 | Comments(0)

なにやら思いついたことをつれづれなるままにⅡ


by shin-pukupuku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31