2017年 09月 05日 ( 1 )

人生の幸せとは…

 今朝も朝ドラ「ひよっこ」を見ていました。その中で、子ども時代の姿を思い起こすシーンがありました。それを見ながら、人生における幸せな時期というものを、考えました。
 今にして思えば、やはり子育てで忙しかったころが実はいちばん充実していたなあと思います。特に子どもが小さいときは、毎日が大変でしたが、楽しかったなあと思います。いっしょに公園に行って遊んだり、プールで泳いだり、図書館で本を読んだり…。自分の中では毎日の仕事で多忙感はありましたが、当時を思い出すとあの時期がもっとも幸せだったなあと改めて思います。しかし、当時はそんなことはつゆも思わず、過ごしていました。日曜日の朝、馴染みのパン屋に向かい、目覚ましパンという目玉焼きがついたパンを注文し、家族でふるさと考古館前の公園でいっしょにそのパンを食べていたあの時間がなつかしくて仕方ありません。
 本日の朝ドラ「ひよっこ」は、一つの場面でそんなシーンを思い起こしてくれました。そういえば、アパートの住民がいっしょにそうめんを作り食べているシーンがありましたが、共同体の良き部分を見せていると思います。あのような状況が東京でもあったとは思えませんが、このドラマは日本人の持つ共同体意識の良さも表現しようとしているのでしょう。それはつきつめると、現在の無縁社会に対するアンチテーゼなのだと思われます。
 いろんなことを考えさせてくれた本日のドラマとなりました。

[PR]
by shin-pukupuku | 2017-09-05 09:45 | 映画 | Comments(0)