カテゴリ:教育関係( 453 )

MMマガジン第10号

 MMマガジン第10号が掲載されました。今回も熱中症事故の判決書をもとに安全教育について考えてみようというものです。

───────────────────────────────────
□■□ MM小学校教師用ニュースマガジン □2287□ 
───────────────────────────────────

判決書事例で学ぶ安全教育 第10回~熱中症への教師対応の学びのために(2)~  
                       
1.はじめに

 先月は、休刊させていただきました。そのため、今月号は熱中症による学校事故への教師対応の2回目となります。
 熱中症に関わる裁判判決書は、部活動中のものが多いということは先月号でも説明しましたが、今回取り上げるのは中学校ラグビー部の熱中症事故です。
 小学校の教師からすると、部活動事故は切実感に欠けてしまうと思いますが、教師対応について学ぶべきところは多数あると考えられます。
 この事件では、中学校ラグビー部顧問であった教師Aが、適切な熱中症対策をとらなかったために、練習中に部員Bが熱中症を発症して死亡した事件です。前回のバスケットボール部の熱中症事件と同じような状況があります。

 いったい、学校教師は熱中症予防にどのような対応をとったらよいのでしょうか。
 神戸地方裁判所平成15年6月30日の判決書事例を取り上げます。

2.事件の概要
 事件当日は、午前6時30分から、Bを含むa中学校ラグビー部員18名が、教師Aの指導監督の下、同校グラウンドにおいて夏季早朝練習を開始した。当日の気象条件は、午前7時において気温29.2度、湿度62パーセントであった。午前6時40分ころ、ランニングパス3人組を始めた。ランニングパスを4本半(「1本」はグラウンド1往復を意味し、距離は片道約50ないし60メートルである。)終えたところで、被告Aは、全部員にキックダッシュ(最初にボールを蹴り、それを追いかけてキャッチし、ボールをパスしながらゴールまで走り抜ける練習で、被告Aの指示により随時実施される。)を指示した。1本目のキックダッシュ終了後、被告Aはさらに2本目を指示し、2本目終了後、残りのランニングパス5本半を行った。
 その後、部員Bがどのような症状になっていったのか、判決書からの記述を抜き出す。

 (ア)Bは、頭上に飛んできたボールを捕らえようと両手を挙げたが、「アー」という声を出して、そのまま後ろに尻餅をついた。
 (イ)Bは教師Aが指示した方向に走るものの、ボールを持つ走者を追わずに、まっすぐゴールに走った。
 (ウ)1本目のキックダッシュの際、Bは最後5メートルのラストスパートができなかった。
 (エ)2本目のキックダッシュではBがスタートのキックをしたが、ボールを蹴るときに足がもつれて蹴り損ね、ボールが転々と前に転がった。部員EはBの背中を押して走らせようとしたが、Bは押しても歩くより少し早いくらいの速度でしか走れなかった。ゴール後、Bは仰向けに倒れたので、教師Aは見学者に対してBを次の練習位置まで運ぶように指示し、他の部員にはキックダッシュの継続を指示した。
 (オ)教師Aは、仰向けに寝ているBを起こそうとしたが、手を離すと倒れてしまう状態であった。そこで、教師AはBを見学者にもたれかけさせて座らせ、自らは他の
部員の練習の指導をした。そのころ、Bは「アーアー」という声を発するようになっていた。
 (カ)午前8時ころ、教師Aは部員に休憩を指示し、Bのそばに行ったが、Bは「アーアー」という息づかいが変化して反応するだけの状態であった。見学者がBにお茶
を飲ませようとしても、Bは口を少し開いたままで口からこぼして飲めなかった。被告AがBの頬を叩くと、首を動かして被告Aの方を見たが、しばらくすると焦点の合わない状態に戻った。
 (キ)午前8時40分ころ、教師Aが再度、Bの様子を見に行ったところ、Bは上半身裸で水場に仰向けに寝かされている状態であった。Bは目を閉じたまま呼吸は 
「アーアー」と言うのみであった。教師Aは、Bの背中を起こし、膝を背筋にあて両肩に手を掛け、2回力を入れて伸ばしたが効果はなかった。その後、教師Aは、再度見学者にBの様子を見させた。その後、教師Aは、見学者に指示して、自力歩行できないBを水場に運ばせた。
 (ク)午前8時40分過ぎ、教師AがBを保健室に連れて行くよう指示し、午前9時1分、教師Aの報告を受けた他の教諭の指示で、校務員が119番通報した。
 (ケ)Bは、午前9時19分、救急車によって市内の病院に到着し、さらに、午前10時8分大阪府立救命救急センターに搬送され、午前10時27分同センターに到着
した。しかし、Bは、翌28日午後6時41分、同センターにおいて、熱射病による多臓器不全により死亡した

3.判決の内容

 判決結果は次の通りでした。なお、原告は亡き部員Bの保護者、被告は学校を設置する兵庫県内の○○市とラグビー部顧問の教師Aです。

 主文
 1被告○○市は、原告らそれぞれに対し、金2030万7709円及びこれに対する平成11年7月27日から支払済みまで年5分の割合による金員を支払え。
 2原告らの被告○○市に対するその余の請求及び被告Aに対する請求をいずれも棄却する。
 3訴訟費用は、原告らに生じた費用の6分の1と被告○○市に生じた費用の3分の1を被告○○市の負担とし、原告ら及び被告○○市に生じたその余の費用と被告Aに生じた
 費用を原告らの負担とする。
 4この判決は、第1項に限り、仮に執行することができる。

4.学校・教師の対応

 上記主文からわかるように、Bが、クラブ活動としてのラグビーの練習中に熱中症にり患して死亡した事故について、顧問教諭Aに安全配慮義務違反があったとされ、国家賠償責任が認められました。
 部員Bの練習中の状況を見て、教師はどの時点で熱中症を疑うべきだったのでしょうか。
 裁判官は次のように述べています。
 「Bは、本件事故当日、練習当初から体調の異常を示していたことが認められる。そして、遅くとも、3回目のキックダッシュの2本目終了時の午前7時30分ころには、Bは、自力で歩行することすらできず、体に力が入らずぐったりとした状態になり、呼吸も荒く、目も半開きの状態になるという明らかに異常な兆候を示していたのであるから、通常人の注意力をもってすればBの容態が悪いことは極めて容易に認識できたはずである。」
 つまり、上記「2.事件の概要」の(エ)の段階で、教師は熱中症の疑いを持つべきであったと述べているのです。
 さらに、「Bは、3回目のキックダッシュのころ、被告Aに対して、足先を指さし『先生、足が痛い。』と訴え、また、3回目のキックダッシュの2本目終了後、被告Aから胸ぐらをつかまれて引き起こされそうになったときにも、『嫌や。』などと普段は使わないぞんざいな言葉を発して顔を背けているのであるから、B自身、これらの言動を通して、体調が悪いことを被告Aに直接訴えていたことが認められる。」と述べています。

 このような状況にもかかわらず、教師AはBに対して次のような対応でした。
「Bが仮病を使って練習を怠けているものと頭から決めてかかり、ぐったりとなっているBに対し、『しんどいふりしてもあかんぞ。』『通用せんぞ。』『何でやろうとせんのや。』『14年間でこんなやつ見たことないぞ。』『演技は通用せん。』『ちゃんとせいよ。』などと筋違いな叱責、非難を繰り返し、Bの介抱を見学者に委ねたまま放置し」たのでした。

5.何を学ぶべきなのか。
 この事件の教師Aは熱心に部活動指導をしていました。朝早くから朝練習を行っているところからも、その熱心さがよくわかります。ところが、その熱心さが単なる根性論で終わってしまうと、このような児童生徒の生命を奪う指導になってしまうということを私たちは学ぶ必要があります。最近、「指導死」という言葉が話題になってきていますが、この事件の事例はまさしくその「指導死」であると私は確信します。
 やはり、教師は科学的な知識を常にリサーチする必要があります。この場合は、教師Aの熱中症についての明らかな知識不足でした。
 私たちは思い込みで日常的な指導を行っていることがよくあります。そのあたりは、内田良(名古屋大学)のエビデンスに基づいた学校教育における指導の大切さを述べる著書にたくさん記されています。
 それにしても、教師Aの頭の中にひょっとしたら熱中症かもしれないという想像性があったら、Bは命を落とすことはなかったことでしょう。非常に残念でなりません。私たち教師は、このような事例から教育指導の在り方を学ぶべきなのだと思います。

───────────────────────────────────

編集者の心に残った言葉

教師Aの頭の中にひょっとしたら熱中症かもしれないという想像性があったら、Bは命を落とすことはなかったことでしょう。



今回も、読んでいて切なくなる事例です。
なぜ教師Aはおかしい、いつもとは違うと思わなかったのか・・・。
月に1度の先生の連載が、自らを戒めるいい機会になっています。

ただ教師Aの気持ちも少しわかります。
子どもたちの様子を見て、いつもとは違う危険な状態なのではないか、少し変な感じがすると思っても、「たいしたことではない」「特別なことではない」と思いたい気持ちが迅速な対応をとらせなかったことがあります。「すぐに問題は解決するはず」「そんな大変なことになるわけがない」という根拠のないただの願望から、何もしないまま事態を悪化させてしまいました。学級経営上の問題です。
「たいしたことはないはず」という思い込みを捨てる勇気が教師には必要です。



[PR]
by shin-pukupuku | 2017-11-16 10:29 | 教育関係 | Comments(0)

Heinrichの法則

 安全教育関係の論文を読んでいたら、タイトルの用語に出会いました。これまで耳にしたことはあったのですが、よく理解していませんでした。論文では、「人体に危害を及ばない小さな災害、軽度の危害を伴う災害、致命的または重篤な後遺症を残す重大災害が300:29:1の比率で発生する」ことをHeinrichの法則と言うようです。この法則から「ヒヤリハット事例」という文言も派生しているようですが、安全教育を考えていく上では、欠かさざるべき法則であるなあと思うことでした。
 裁判事例は、この法則で行くと重大災害や事故に当てはまります。ということは、300の同じ様な事例が現実は起こっているわけです。そこに、裁判事例を活用する意義があるわけです。
 論文を読むと、ときどき面白い「知」に出会うことがあります。その時は楽しいですね。

[PR]
by shin-pukupuku | 2017-11-14 09:50 | 教育関係 | Comments(0)

県社研の県大会

 県社研のHPを見ていたら、今週末に県大会が開催されると書かれていました。授業者は、あまのじゃく氏から聞いていましたが、私が実習指導したSさんでした。それだけに感慨深いものがありました。Sさんの社会科教師としての出発点は、某私立中高の学校でしたが、知らないうちに公立中学校の教員になっていました。
 Sさんの実習中の取組を今でも思い出します。彼の取組は、真面目であるだけでなく、社会科教師になるんだという意気込みを感じさせていました。意欲的に実習に取り組んでいた印象があります。それに、大学時代の社会科教育の指導教官が県社研の中核的な方ばかりで、しかも実習先指導教官が当時県社研の研究部長であった私というのも、縁が深かったのだろうなあと思います。その彼が、授業を提供するというわけですので、ぜひ参観したいというのが本音です。そして、夜の宴会でお疲れさまと声をかけることができたらなあと思います。Sさんの成長を目にしたいものです。
 私の代わりに、県社研の研究授業を多くの先生方が参観していただくことを祈念しています。

[PR]
by shin-pukupuku | 2017-11-12 10:58 | 教育関係 | Comments(0)

幼稚園巡回指導

 この二日間、幼稚園教育実習の巡回指導でした。どちらも男子学生でしたが、それなりに頑張っているようでした。両方の巡回で目に留まったのは、保護者参観でした。誕生会で実習生も出し物に協力していましたが、誕生日を迎えた子どもの保護者もいっしょに観覧していました。10時半ぐらいであったのですが、多数の保護者が参観しているようでした。二日目の別の幼稚園では、あるクラスが保護者参観でした。外からその様子を見ることができました。お父さんと思われる姿もありました。おばあちゃんが来ているところもありました。
 今朝の新聞では幼児教育無償化を進めるという記事が掲載されていましたが、子を持つ保護者としては早い実施を期待していることだと思います。平日の午前中にこのような保護者参加が必要とされる機会があるというのも、おそらく大変なことでしょう。しかし、子育てのために親として時間を確保するというのは、大事なことだと思います。無償化以上に必要なのは、子育ての時間を重視する社会の雰囲気なんだと思います。仕事重視ではなく、家族のために時間を使うことが大事にされていく社会になっていけばなあと赤ちゃんを抱えながら保護者参観に出席している数少ないお父さんの姿を見て思いました。

[PR]
by shin-pukupuku | 2017-11-10 06:55 | 教育関係 | Comments(0)

Bさん

 今年から「公民科教育論」を教えています。昨日のテーマは、いのちの教育とデスエデュケーションでした。高校公民科倫理や現代社会で取り扱うテーマとなります。その授業では、亡きBさんの修論の一部をコピーして学生に配布しました。内容は大谷いずみの生命倫理に関する授業実践を分析したものでした。大谷が出生前診断をもとにして、いのちの質をどのように考えているかを他の実践者の授業実践と比較して論じたものです。
 大学生には、この内容について時間不足で詳細に説明することはできませんでした。しかし、わずかな時間でしたが、彼の論考を論じました。優秀な惜しい後輩を失ったことが悲しくてたまりませんでした。話をしながら、少し涙声になってしまったのでしょう。学生も驚いているようでした。
 Bさんの論考を学生といっしょに学ぶことで、彼の生きた証を確認したいと思いました。今後とも続けていきたいと思います。彼が亡くなって、すでに8年半が過ぎ去りました。

[PR]
by shin-pukupuku | 2017-10-26 17:29 | 教育関係 | Comments(2)

教職実践演習

 本年度の後期から教職実践演習の授業を担当しています。学生は5人。まさしく演習です。ここ数回は、教育実習で行った研究授業の指導案をそれぞれに配布させ、授業についての課題を発表させています。同時に、それぞれの教科についての論考をリサーチし、その内容をレジメにまとめて発表させるというスタイルです。
 学習指導については、研究授業の課題を踏まえて再度模擬授業をさせている先生方が多いようですが、私は計画に入れていません。学習指導については、教壇に立ってから再度学んでいくことだと思っています。それ以上に、教科指導の専門家の論文を読ませて、それぞれの教科においてどのような指導が求められているのかについて調査させた方が良いかなと思っています。
 むしろ、生徒指導についての研究を、教職実践演習では行うべきではないかと私は思っています。現場に立った時に、生徒指導上の様々な場面に遭遇すると思います。いじめ、不登校、茶髪、体罰、部活動、長時間労働など、現場に密接につながっていく演習が、この授業では必要ではないかと思います。
 学生には、順番を決めて、それぞれのテーマに関する論考を発表させ、議論していくつもりです。同時に、私の得意とする判決書教材を準備し、学習していきたいと思っています。そちらの方が、教壇に立った時に、役に立つのではないかと思います。すでに茶髪問題と体罰については、授業しましたが、学生たちも興味深く真剣に議論していました。それは、現場に立った時のシミュレーションをやっていることと同じではないかと思っています。

[PR]
by shin-pukupuku | 2017-10-25 09:31 | 教育関係 | Comments(2)

 昨日は、ある関係から大学の地区にある中学校の文化祭を見学に行きました。いやあ驚きました。私が経験してきた中学校の文化祭とは一味も二味も違いました。
 まず、大きな相違点は、生徒たちが前面に出る生徒主体の文化祭だということです。教師が前面に出ることはほとんどありませんでした。生徒たちが司会をし、幕間にはインタビューをしてつないでいました。また、演奏の最初には、出演者がマイクを握り、演奏の内容や取り組みなどについて自分の言葉で紹介していました。メモを見ながら紹介する生徒はだれもいませんでした。生徒会長も同様で、メモを見ず、自分の言葉で開会のあいさつをしていました。
 二つは演奏のレベルが高いということです。最初は太鼓による演奏がありましたが、大太鼓2つ、中太鼓6個、小太鼓8つ、銅鑼1つを入れて、本格的なものでした。圧倒されました。特別支援の生徒たちによるアカペラに対しても生徒たちは手拍子をとって演奏を支えていましたし、有志によるコント、歌ともにとても中学生とは思えないほどの出来栄えでした。コントなどは、素人とは思えないほどの面白さで、かなり練習したんだろうなと思わせるほどの出来でした。最後の美空ひばりを歌った生徒などは、とても歌がうまくて、また舞台慣れしているような印象までも持ちました。
 この日は午後から3時間ほどありましたが、翌日の土曜日は一日かけて文化祭が行われるようです。途中では合唱コンクールもあるようですが、鹿児島の中学校とは違って文化がきちんと中学生に伝わっている印象を持ちました。
 いやあ、驚きました。鹿児島の中学校がいかに文化を伝えるということに力を入れていないかということを感じさせる一日となりました。
 

[PR]
by shin-pukupuku | 2017-10-21 07:26 | 教育関係 | Comments(2)

研究発表会で入賞

 大学祭で行われた学部主催の学生研究発表会で、私の指導する2チームが入賞しました。私のところからは、3つのグループに発表してもらいました。一つが、「外で遊ばない子どもたちの環境変化」というテーマで、2000年代以降のテレビゲームの歴史と公園器具でのけがによる裁判判例のまとめ、そして周辺3市町村の現在の公園の実際を調査しました。もう一つは、「日本とアメリカのアニメの違い」で、資料が少ないためにネットや雑誌での調査になりましたが、両国のアニメには大きな相違点が多数あることがわかりました。この二つのテーマがポスター賞上位3つのうち2つに選ばれました。
 やはり結果をとると学生も大きな自信になります。先日の授業では、ケーキとジュースでお祝いをしましたが、次の個人研究に向けて、意欲満々という感じでした。教育だけでなく、文科系の学生もいるので、テーマは幅広くなりますが、基礎ゼミの学生たちが研究の手法を学んでくれることを担当者としては期待しています。

[PR]
by shin-pukupuku | 2017-10-16 05:07 | 教育関係 | Comments(0)

不登校支援の論考

 不登校支援の研究を始めてから早いもので、3年になります。本年の3月には調査報告書を出しましたが、共同研究の醍醐味というものも感じています。
 私が中心になって生徒指導主事に焦点化し、インタビューによる連携の問題を質的統合法で分析、論文にまとめました。某学会に投稿しましたが、リジェクトされ、落ち込んでいましたが、査読をもとにして論文を修正し、すぐに別のところに投稿しました。そこでは、かろうじて再審査となり、本日、修正原稿を提出できました。査読意見はきびしいものでしたが、査読にもとづいて修正するうちに論文の中身は論理的なものになったような気がしました。
 もう一人の研究者と議論しながら修正してきましたが、その議論がまた参考になるものでした。福祉的なアプローチから不登校支援を考えるというのはこういうことなのかということを学ぶことでした。
 修正原稿は明らかにシェイプアップされて、バージョンがあがっているような気がします。しかし、修正原稿を査読者に納得させる必要はあります。今回の提出原稿が掲載になることを祈るのみです。「いじめ」と「不登校」、私にとっては現場で大いに悩んできた教育課題について自分なりの回答を持てたことが何よりもうれしいです。

[PR]
by shin-pukupuku | 2017-10-08 15:48 | 教育関係 | Comments(0)

歴史教材プロジェクト

 先日、歴史教材プロジェクト2回目の会議に参加するために、H市市役所へ行ってきました。
 前回は、私の計画案を編集委員の先生方に押し付ける形になり、編集委員の方々の状況もわからず私の方で一方的に進めてしまいましたので、会議そのものはうまくいきませんでした。その反省を踏まえて、今回はできるだけ編集委員の方々の意見を尊重して、その意見のもとで教材を作成しようと考えました。また、会議の進行及び司会も指導主事にお願いして、私は説明や質問に答える形で参加しました。
 すると、指導主事の先生がとてもユニークな方で、面白おかしく会議を進めてくれて、またグループでの話し合いなども入れながら、会議は順調に進みました。とてもありがたい時間となりました。また、先生方もやる気を出してきているのがわかりました。
 結局、決まった内容は、私が最初に提案したような計画案にかなり近いものになったのですが、全員が自分のものとしてとらえて、教材を作成しようとする意識が高まっていくのは、編集委員の考えや意見を尊重していくことなんだなあと改めて思うことでした。トップダウンではなくボトムアップでというのは、昔から私が大事にしていたことなのですが、最近の自分は傲慢さが出てきているのでしょう。
 今回の件を通して、プロジェクトを進めるためには参加者が楽しくやっていくこと、参加者の意見を大事にすることを改めて学ぶことでした。まあ、当然のことと言えば当然すぎますが、人はこんな大事なことをよく忘れてしまいます。
 

[PR]
by shin-pukupuku | 2017-09-13 10:53 | 教育関係 | Comments(0)