夏休みも終わりですね

 いよいよ明日からは2学期が始まります。学校では子ども達の喧噪と同時に職員はバタバタと多忙になります。うちの学校は、明日から給食が始まるために、保護者は弁当の準備も考えなくてすむのでラッキーだと思いますが、職員からすると会議の時間が短くなるために、新学期の準備が間に合わないということにもなるし、職員同士がいっしょに食事に行くことで同僚性の高まりの機会が失われるというマイナス面もあります。
 きょうは、自分の教室に久しぶりに足を運びました。学級旗の製作で実行委員が絵の具を出したりして、机椅子もひっくりかえっていました。それを片付けて、机の上の砂ぼこりをぞうきんでふいて、あとは子ども達を待つだけです。明日から多忙な日々が始まります。
[PR]
by shin-pukupuku | 2010-08-31 19:02 | 雑感 | Comments(1)

映画鑑賞の場所

 先日、踊る捜査線を見に行ったときのことです。観客がかなり多くて、空いている席は一番目の横だけでした。仕方なかったので、そこのチケットを買ったのですが、いやあ、最悪な席ですね。映画が見えないというわけではありませんが、見づらいのも事実です。顔を上げて必死に2時間以上見ておりました。また、踊る捜査線は映像が揺れる場面があり、自分も揺れていました。
 映画そのものは、かなりおもしろい仕上がりになっていたと思います。家族でこの映画は見てきましたが、今回も見ました。やはりユーモラスな場面が随所にちりばめられており、満足できる内容でした。ただ、青島刑事が課長になっていたのは、どうも本来のテーマ(現場重視)からいうとどうなのかなと思いました。
 映画を見終わった後、家族3人とも気分不良になりました。乗り物酔いと同じような状況で、どうも頭痛がとれない感じでしたね。これからはぜったいに一番前の横列は見ないようにしようと決意しました。
[PR]
by shin-pukupuku | 2010-08-30 16:45 | 映画 | Comments(0)

初めての胃カメラ

 先日の人間ドッグで再検査ということでしたので、本日、ドッグで検査したところと同じ病院へ断食して向かいました。胃に潰瘍がみられるので良性か悪性かを調べるということでしたが、生まれて初めて胃カメラを体験しました。
 胃透視と違ってかなり負担が軽いですね。眠りを誘う注射を打ったら、うつらうつらしながら、あっという間に気を失っていました。ふと気がつくと眠っている自分がいました。時間は1時間以上過ぎていたでしょうか。時間だけが自分から離れていったという感じでしょうか。検査をしたのかどうかさえもわからない胃カメラなんですね。現代の医学はすごいと思いました。
 検査の結果は、異常なし。私はおそらく胃だけは強い気がするので、そんなことはないだろうと思っていましたが、予想通りでした。安心を保険適用の3500円で買ったような気がします。
[PR]
by shin-pukupuku | 2010-08-30 16:36 | 雑感 | Comments(0)

置き忘れたケイタイ

 この日は電車で勤務先へ。久しぶりに電車に乗ったら、ケイタイを置き忘れてしまいました。慌てて、川内駅に連絡したら、たしかに忘れ物であるとのこと、車で向かいました。久しぶりの川内駅は新幹線が停車する駅だからでしょうか、かなり大きな駅に変身していました。駅前にはビジネスホテルが乱立し、マンションもかなり建っていました。地方にある少し大きな都市という印象を持ちましたね。ケイタイを受け取って高速道路で自宅へ。50分もかかりませんでしたね。街の風景がどんどん変わり、交通も便利になったものです。
[PR]
by shin-pukupuku | 2010-08-29 19:24 | 雑感 | Comments(0)

コミュニケーション

 この夏に感じたこと、それは思いだけではなくて、きちんとコミュニケーションをとることの大切さでした。そのために最近の私は、かなり説明口調になっています。そして、研究会でも積極的に発言することにしました。政治的な見地から発言を控えたりしてきた最近の私でしたが、いかに自分の思いを伝えることの方が大切であるかということをこの夏学びました。
 県社研の研究委員会でもかなり突っ込んだ意見を述べたと思います。なんでもかんでもという感じもありましたが、そのことで議論が深まればと考えました。本当のところは、「坂本龍馬とお龍」ではなくて、M町に残る江戸時代の水路の件について調査してもらって、それを地形図で子ども達と学ぶというのが、民衆の歴史という視点では大切なことなんだけどなあ・・と思いながらも、そのことは発言しませんでした。たしか、川嵜先生がフィールドワークで紹介してくれたんですよね、M町に残る水路跡を・・。
 でも、ほとんど指導案は完成に近づいていたので、今年は研究委員会もあまり回数は必要ないような気がします。
[PR]
by shin-pukupuku | 2010-08-27 22:22 | 教育関係 | Comments(0)

一つ年を重ね・・

 この夏もK中時代の新聞部の教え子たちと楽しく飲みました。部長のM・Sさんは今回も子どもさんの病気と本人の体調不良で欠席でしたが、他の3人と楽しく近況を聞けて、いい気分で家路につきました。ひとつひとつ年を重ねていく彼女らですが、私の心の中にはいつまでも中学時代の姿と思い出が重なっています。子育て真っ最中の彼女らですが、先日、子ども達を連れてみんなで笠沙までドライブしたという話を聞きました。年を重ねてもすばらしい仲間づくりの様に、とてもうれしくなりました。
 また、来年の夏、素敵な彼女らと「定例会」を開けることを楽しみにして、この一年を過ごしていきたいと思います。
[PR]
by shin-pukupuku | 2010-08-27 22:10 | 雑感 | Comments(0)

なつかし、ゆっくり

 人間ドックに行っておりました。ドック先の病院では、教え子に二人会い、びっくりでした。どちらとも30歳近い看護師になっていましたが、立派に成長している姿に喜ぶことでした。また、いっしょに受けたドック患者の中には、知り合いが多数でした。高校32期の同窓会でよく会うK氏もいました。最近、子どもさんがソフトボールで全国大会に出場した方です。また、元同僚とも会いました。なんか昔の知り合いだらけのドックで、どうなっているんだろうという感じでした。
 しかし、この夏休み中のビールがいけなかったのでしょうか、この夏2kg太ってしまい、そのことが内臓系で数値が悪くなり、ドッグで指摘されることとなりました。また、胃の再検査となり、近いうちに胃カメラの検査となりました。これだったら、胃の透視ではなく、最初から胃カメラでお願いすれば良かったなあと思うことでした。
 ともかく、なつかしい顔に会えて、またゆっくりできたのですが、今後は食べ過ぎ・飲み過ぎに注意して生活していくことが大切だということがよくわかりました。
[PR]
by shin-pukupuku | 2010-08-24 17:02 | 雑感 | Comments(0)

魔法使いの弟子

 skaさんのブログで紹介されていましたので、見に行きました。
 skaさんが述べているように、ディズニー映画ですので、夢とロマンのファンタジー仕上げの作品になっています。2時間足らずの時間、頭を空にして見るには最高の作品だと思いますよ。結構ストーリーや場面に引き込まれますので、楽しく時間は過ぎていくと思います。しかし、終わった後は何も残らないという映画でしょうかね。数ヶ月すればきっと私の頭の中からこの映画は消えていくと思われます。
[PR]
by shin-pukupuku | 2010-08-19 20:05 | 映画 | Comments(1)

15歳の志願兵

 先日のNHK特集での番組でした。旧制愛知一中での実話に基づいた話です。娘たちと語り合いながらこの番組を見ていましたが、やはり思い出したことは「教え子を2度と戦場の送るな」のスローガンですね。教育がいかに子ども達に影響を与えるかをこの番組を見ながら再確認することでした。
 それにしても英語教師で主人公の父役はしんどかったと思います。自分のクラスの全員が、予科練への入隊を希望したわけですから・・・。しかし本音を語ることはできず、挙げ句の果ては、自分の息子まで予科練に入隊したいというのですから・・・。
「父兄の許可をとってから・・」ーこれが精一杯の子ども達への反対を示すメッセージだったと思います。
 結局、この英語教師のクラスからはだれひとりも予科練へ入隊したものはいませんでした。
 引きこまれる場面も多くて、なかなかいい番組でしたね。
[PR]
by shin-pukupuku | 2010-08-19 20:01 | 雑感 | Comments(0)

鹿実がんばった

 読書をしながら、鹿実の応援をしていました。読書をしているのか、鹿実の応援なのか、どっちがどっちなのかさっぱりわからなくなるほど、鹿実の応援にはまっていました。
 9回裏の攻撃はすごかったですね。興奮しました。よもや3点とって同点になるなんてとても予想しておりませんでした。身体全身で、鹿実を応援しましたね。
 しかし、残念ながら敗北してしまいましたが、よくがんばったと思います。1点の重みと勝利することのむずかしさを感じさせる試合となりましたね。
[PR]
by shin-pukupuku | 2010-08-16 21:34 | 雑感 | Comments(0)