<   2011年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

到着4時間後

 今朝の雪は6時半ぐらいまでは大丈夫だったのに、その後30分ぐらいで急に積もったような印象を持ちました。車で出勤したのは7時10分過ぎでしたが、路上には雪が積もり、車が2~3度スリップしてしまいました。ブレーキも効かなくて車がすべったので、慌てて自宅へ戻り、雪が落ち着いてから出勤しようと考えました。私の住む街の幹線道路は、車が大渋滞となり、ほとんど動かないという状況でした。
 少し落ち着いた8時45分過ぎに自宅を再度出発。国道3号線上りは数珠つなぎの大渋滞でした。伊集院まで2時間かかり、勤務校に着いたときは、13時30分でした。本当に疲れました。
 時速10キロぐらいのノロノロ運転で、ずっとその状態が続きました。どうしたんでしょうかね・・3号線の雪による渋滞は尋常ではありません。
 あまりにも遅かったので、昨日購入した関口義人著『ジプシーを訪ねて』(岩波新書)を運転しながら120ページ近く読んでしまいました。危険運転ですが、あまりにも遅いのでぜんぜん大丈夫でした。到着したときは給食も終わり、作業時間が始まろうとしているときでした。ああ、腰痛い・・。
[PR]
by shin-pukupuku | 2011-01-31 20:30 | 雑感 | Comments(1)

ソーシャルネットワーク

 今年初めての映画評です。
 この映画を見る観客の様子は、つまらなそうにしている人も結構いたのではないかなと思いました。下馬評ではアカデミー賞にノミネートされているようですが、受賞できるかどうかは私にもわかりません。私が選考委員だったら推薦しませんね。
 というのも、映画の主役はインターネット関係の会社の役員として現存する人故に、批判にオブラートがかかったような印象を持ちました。ただ、同じ会社創設の親友だった人が、訴訟を起こすという場面を設定しているので、暗に批判を持ち込んではいますが・・・。
 私にはインターネットについて経済学的視点は持ち合わせていませんが、この映画は爆発的なアクセスを引き出したことで映画タイトルのように人々のネットワークを創り上げていった話です。最近では、このツイッターなどのインターネットを介して、独裁政権の打倒まで可能にしたチュニジアやエジプトなどの政治状況を考えると、歴史を塗り替える要因を生みだしたネットワークシステムがインターネットを通して可能にしているのだと思います。民主主義社会はこのインターネットを通してさらに深化していくのかもしれません。
 しかし、逆をかえすと独裁政治にもうまく利用される可能性を抱えているということにもつながると私は思います。ヒトラーはうまくラジオ放送を利用しました。インターネットを利用する独裁者が出現しないことを願っています。
[PR]
by shin-pukupuku | 2011-01-30 21:54 | 映画 | Comments(0)

すごいゲームでした。

 なんとか時間開始まで眠ることなく、アジアカップ決勝戦を観戦できました。お楽しみのビールを片手グラスで味わいながら、応援に燃えました。
 下の娘も最近サッカーに少しだけはまっていて、いっしょに観戦しました。二人で応援しましたね。
 おかげで、本日は寝不足です。目も充血して、少し飲み過ぎもあるようです。
 李選手のボレーシュートは芸術技でした。あんなにうまくボレーなんて普通はできませんよ。だいたいゴールマウスから外れてしまうのですが、さすが代表クラスのプレイです。オーストラリアのシンプルな高さを利用した攻撃にはハラハラどきどきでした。キーパー川島選手の堅守で勝利を手にしたという印象でしたね。間違いなくMVPは川島選手だったと思います。
[PR]
by shin-pukupuku | 2011-01-30 10:26 | サッカー | Comments(0)

いよいよ決勝

 日本代表のアジアカップでの決勝戦がいよいよ始まります。相手はオーストラリアですが、高さがあり個人技能の高い選手が多数いるので、おそらく韓国戦同様白熱したゲームになるのではないかと思います。
 日本時間は12時過ぎなので、その時間を楽しみにしたいと思います。その前にビールを飲んでしまうと、本日の疲れ(朝から夕方まで練習試合でした)からおそらくそのまま寝てしまうので、それまでは我慢したいと思います。ゆっくりとテレビなどを見るとまたまた寝てしまいそうなので、その時間まで論文を書きたいと思います。テレビ中継までしばし論文の世界と会話しておきます。
[PR]
by shin-pukupuku | 2011-01-29 19:48 | サッカー | Comments(0)

B型肝炎訴訟

 B型肝炎訴訟が和解となりました。政府は予防接種における注射器の使い回しを放置した責任を私もとるべきだと強く思います。
 私は今でも小学校の時に、予防接種で医師が同じ注射器で肩に注射していた場面をよく覚えています。というのも、注射器の中に血がにじんでいたのを強烈な印象で覚えています。
 1940年代後半にはすでに欧米では注射器の使い回しの問題を認識して、きちんと対応していたようです。そして日本の政府もその問題性を認識していたのです。
 ところが、実際に注射器を使い捨てに変えたのは1990年代というではありませんか。40年あまりにわたって、その問題性に気づきながらしっかりと対応しなかった政府の責任は大きいと思います。
 実は私もB型肝炎でした。「でした」と過去形で語るのは、私の場合は抗体ができて完治したからです。しかし、20代前半には就職前に肝炎が発症し、自分の希望する職業になりませんでした。この肝炎のために私は採用を取り消されたのです。忘れもしません。それは3月のことでした。そしてその後、入院生活を2年ほど繰り返しました。
 私の場合は、予防接種が原因なのかはっきりしません。というのも父が肝臓病で入院していたことがあったからです。そのためにB型肝炎訴訟に該当するかわかりませんが、もし私も対象者としたら、完治した元患者に対してはどうなるのでしょうか。被害者ということにはならないのでしょうか。今回の訴訟和解の話は、他人事ではありません。まさしく自分の人生に関わる重要な問題です。
[PR]
by shin-pukupuku | 2011-01-29 18:20 | 雑感 | Comments(0)

爆発が見えました

 霧島の新燃岳の爆発にはびっくりしましたね。都城など、周辺地域に多大な被害と影響を与えているようです。先日の爆発の時、私の職場から見えました。3時半頃でしたが、かなり大きな噴煙が見えたのです。時々見える桜島の方向ではなかったので、「あれっ」と思いました。そしてすぐに霧島の方だと気づきました。
 私の職場から見ると、桜島の爆発の噴煙を明らかに越えている大きさです。大丈夫でしょうか。さらに大きな大爆発にならなければいいが・・と思っています。
 この日のNHK7時のニュースは鳥インフルエンザの出水市と霧島の新燃岳爆発のニュースがトップでした。どちらも鹿児島・宮崎のニュースで、本当に大変だなあと感じました。
[PR]
by shin-pukupuku | 2011-01-28 20:20 | 雑感 | Comments(0)

多忙な日々

 先週から今週と多忙な日々が続きます。やはり空き時間がほとんどないということは、事務処理の時間がほとんどとれないということで、そのためにどこかで穴埋めしなければならないということです。先週は、部活動にほとんど顔を出すことができませんでした。進路事務が閉めきり近く、またまた実力テストの採点と冬休みの宿題の点検、基礎基本調査の採点とコンピューター入力などなどとても毎日空き時間1時間という私には処理できる仕事量ではありません。それに生活の記録も見なければなりません。
 学校というものは、何でも屋の教師を作り出し、能力以上の仕事を任せようとするものなのだと思います。そのために何でも真面目にこなそうとする教師は、精神的に病んでいくのでしょう。適当にやってしまう自分だからこそ、なんとかこなすことができているのでしょう。
 それにしても最近休みの日に昼寝が長くなりました。映画に行く気力も起こらず、ゆっくりと部屋で過ごそうとしてるのは、単に外が寒いという理由だけではなく、日常の仕事があまりにも加重過ぎるからだと思います。
[PR]
by shin-pukupuku | 2011-01-16 23:00 | 教育関係 | Comments(0)

トレーニングテスト第3回

 県社研発行の新しく改訂したトレーニングテスト第3回を、今回の実力テストに活用しました。本日採点が終わりましたが、平均がかなり低く、問題の難易度が課題となって出てきたような気がしました。1月のこの時期に活用するには、あまりにも難易度が高く、冬休み中にまじめに取り組んできた生徒たちにとっては、自信を奪ってしまうような感じを持ったのは私だけでしょうか。
 平均点はやはり55点から60点はほしいものです。おそらく各自に問題部分を割り当て、それを各担当者が作成し、その作成した問題を作成委員で検討したのだと考えますが、その検討が今少し不十分だったのではないかと思いました。私は校正を担当しましたが、問題の間違いをさがすことに必死になって、この問題が生徒たちにとって妥当なのかという視点が不足していたのだと反省しています。特に歴史的分野の問題は、かなりハードルが高く、地理的分野については、「数学のような問題」という生徒の発言が的を射ていたような気がします。
 多忙な中で現職の先生が作るのですが、県内各地でテストとして利用されるこの問題だけは、さらに慎重にしていくべきだと当事者として強く感じました。県社研のトレーニングテストの問題は、公立高校の問題と重なったこともあります。ということは、この問題集は見られていると考えてもいいでしょう。十分な審議をもって批判的に検討作成した問題を今後は期待したいものです。
[PR]
by shin-pukupuku | 2011-01-13 20:55 | 教育関係 | Comments(0)

初めてのニトリ

 谷山産業道路沿いにある「ニトリ」に初めて行きました。ベッドを探していたのですが、1階のフロアに降りて商品を見ていてびっくりしました。安いですね。驚くほどです。コーヒーメーカーが1500円でありました。LED電球も1400円で、電機量販店の半額なのではないでしょうかね。品質はどうなのかという疑問は使用してみないとわかりませんが、客が絶え間ないのは、安さゆえだと感じましたね。これからも機会を見つけて行こうかなと強く思いましたが、谷山にあるので遠いというのが問題です。
[PR]
by shin-pukupuku | 2011-01-10 21:10 | 雑感 | Comments(1)

成人式

 娘の成人式でした。何年かぶりに家族写真を撮りました。前夜は新年会だったので、飲み過ぎないようにと注意されていたのに、大好きなビールを飲み過ぎて、やはり朝は二日酔いの状況でしたが、そんな素振りは見せずに朝早くの写真撮影にのぞみました。その後、パン屋で飲んだサービスのストロングコーヒーがうまかったです。
 天文館では成人式を向かう若者を多数目にしましたが、これが「七五三」と同じのような雰囲気の人もいるような気がしましたね。わが娘は挨拶まわりに忙しいようでした。式典では「トイレの神様」の植村花菜が来て、歌ったようです。かなり上手で、会場の若者も集中していたということだったようです。
 20年-ついこの前だったようなのに、本当に時間は待ってくれませんね。
[PR]
by shin-pukupuku | 2011-01-09 21:08 | 雑感 | Comments(0)