本日の午後からU17 ワールドカップを観戦していました。相手はアルゼンチン。格上のような印象がありますが、テレビで観戦するかぎりは、決して格上ではありませんでした。むしろ日本代表がパスをつないで攻撃までしかけるのに対して、アルゼンチンはロングパスが多いという印象でした。結果は3対1で日本代表が勝利し、予選1位で決勝トーナメントに進出したようです。U17だからなのでしょうか、パスミスが多くて、そんなに強い感じではなかったようです。しかし、決勝トーナメント進出は18年ぶりのようで、お見事だったと思います。
[PR]
by shin-pukupuku | 2011-06-25 22:25 | サッカー | Comments(0)

本日のヤクルト

 本日のヤクルトはすごいでしたね。9回の裏に同点に追いつき、延長10回にはサヨナラホームランです。最下位の横浜相手でしたが、このようなドラマを演出できるのは、さすが首位ヤクルトだからでしょう。今年は本当にヤクルトから目が離せません。
 サッカーはU22以下のクウェート戦にはがっかりでしたね。2対1で負けてしまって、なんとか予選突破になりましたが、私は2対0ぐらいで勝っただろうと思って、朝の結果を待ったのですが、びっくりでした。こんな調子じゃ、最終予選はきびしいのかなと思ってしまいますね。
[PR]
by shin-pukupuku | 2011-06-24 22:42 | 雑感 | Comments(0)

腰痛

 かなり痛みが増してきました。本日は痛みのために、かなり活動が困難な状況でした。やはり長距離通勤の影響でしょうか、それともなかなか止まらない咳と同様に、どこか悪いところがあるのでしょうか・・・、あちこちとぼろが出てくるのは加齢のせいでしょうかね。
 それにしても中学1年生はかわいい。かわいいと頭をなでたくなるような生徒がいっぱいで、毎日幸せな日々を送っています。しかし、級友の中ではいろんな悩みがあるようで、なかなか心がかよっていない状況をいろんな場面で感じます。大人でも、コミュニケーションをとるのがむずかしいわけですから、子ども達の世界はそれ以上にバリアがあるんでしょうね。
[PR]
by shin-pukupuku | 2011-06-24 22:35 | 雑感 | Comments(0)

プリンセス トヨトミ

 ストーリーは本当にマンガチックというか、こんなのあり?という感じです。しかも、大阪国というものが出てくるわけですから、冷静に考えると笑ってしまいますね。県民ショーで、大阪の特集を組んでいましたが、それだけ大阪人は日本人の枠にはまっていないということでしょう。実際、交通道徳にしろ、おばさんの会話など、日本人離れしていますね。そういうところから、原作者は「大阪国」を考えたんだと思います。しかも、それをトヨトミの末裔を守るというところとつなげてしまうところが、笑ってしまいますね。
 しかし、父が自分の死期を悟ったときに、息子を連れて、大阪国の隠された秘密を語るというシーンは、ぐっときました、おそらく、自分の父を思い出してしまったからだと思います。父と語りたかったなあというのは多くの息子が持っていると思います。それを自分自身と重ねてしまって、少しだけ涙がでそうになりました。
 ハチャメチャなストーリーにあきれながらも、まあいいかと思いながら見た作品でした。
[PR]
by shin-pukupuku | 2011-06-23 23:10 | 映画 | Comments(0)

文字解きの気分

 本日は、久しぶりに酒を断って、論文とにらめっこしました。にらめっこしているうちに2時間近くが過ぎていきました。
 自分の論文を査読意見にしたがって読むと、しだいに雲のようにくもっていた自分の主張がクリアになっていくのがわかります。そしてこの学会が何を求めているのかが吐息のように感じられてきます。どのように書けばいいのか、まだはっきりとしないところも多いのですが、なんかその文字解きのようなクイズ気分で時間は過ぎていきます。この感覚がすごく知的に刺激的で、あんなに疲れていたのに元気が出てくるという感じになってくるのです。始める前は、学校に行く気分でどこか気乗りしないのですが、やりはじめると麻薬のような感じかなあ。
 こんな時間を来月中旬までは何度か楽しみたいと思っています。こういうのを「オタク」というのかもしれませんね。研究者は基本的にオタクだと思います。ハイ。
[PR]
by shin-pukupuku | 2011-06-22 00:22 | 雑感 | Comments(0)

腰痛がさらに・・

 高速道路の無料化実験が終わり、通勤で利用していた道路も、有料に変わりました。そのため、昨日より普通道路を通い始めました。時間にして10分近くかかるようになり、道も山道なので、かなり職場まで行くのに疲れを感じます。ここ数日腰痛がひどいのですが、この日はさらに痛みが増したように感じました。東日本大震災を受けて、復興資金を確保するためというと何も言えなくなってしまいますが、これから、通勤が苦痛になりそうです。
[PR]
by shin-pukupuku | 2011-06-21 06:01 | 雑感 | Comments(1)

 本日、スカイラインという映画を見に行きました。まあ、よくあるパターンの宇宙人襲撃という作品です。頭を空っぽにして、来週からまたがんばろうという思いで見ました。やはり、予想通りの作品でした。頭は空っぽになったのは良かったのですが、あまりの予想通りの映画ゆえに、終わった後は吐き気までもよおしました。見るべきでなかったなあと思うことでした。それよりも優れた作品はいっぱいあるのですが、時間があわずにこの作品になったのです。明日からの元気につながったかと思うと、NOといわざるを得ません。雨の中、バイクで自宅へ帰りましたが、時間の無駄のような気がしましたね。
[PR]
by shin-pukupuku | 2011-06-19 21:12 | 映画 | Comments(0)

社会科教室

 先日の研究授業後、思わぬ展開がありました。プロジェクター設置に時間がかかるということを検討会で話をしたら、視聴覚室を社会科専用の教室にしたらいい・・ということを提案してもらいました。私も心密かに思っていたのですが、それを管理職から声をかけてもらえたので、実現ということになったのです。やはり、こういうのは管理職が二人とも社会科専門で、昔の知り合いというところから生まれますね。
 さっそく、プロジェクターを設置して、クーラー付きの部屋で授業を開始しましたが、私のいる学年職員室(生徒たちには研究室と言っている)の横にあるので、とても便利だし、快適です。掛け地図はかけたままでいいし、部屋の壁には世界遺産のパネルや社会科関係の写真を貼りました。授業が始まるとすぐに移動できるし、授業中に作業をさせながら、別の仕事もできるという状況です。
 なんて理想的な授業環境でしょう。今の状況は教職についてベストな状況です。ほんと、ありがたいです。
[PR]
by shin-pukupuku | 2011-06-19 10:48 | 教育関係 | Comments(1)

楽しかったなあ

 昨晩は、歴史的分野の研究委員の授業検討会、および懇親会でした。私は、今のところどこにも所属していない状況なのですが、飲み会というのを聞いて参加しました。昼間は研究委員会があったようで、私はつゆ知らず、またしても「忘れていた」ということかなあと反省することでした。最近、こういうことが多いので、メモをとるように意識しているのですが、どうもいけません。おまけに、場所についても間違ったところをメモしていたようで、20分ぐらい周辺をウロウロしていました。おかげで遅れてしまいました。申し訳ない。
 さらに、元寇についての資料を持参するということだったようで、それもすっかり忘れていて、本当に自分が情けない気分でした。
 飲み会は楽しく参加できました。生ビールを3杯飲んだ時点で、酩酊感が出てきて、ハイボールを飲んだ時点で少し寝てしまうという状況でしたが、参加者の話は楽しく参考になりました。「咳が続くときは気をつけた方がいい」というアドバイスにはドキッとしました。そういえば、3週間咳が止まらない状況なので、やはり病院に行った方がいいなあと思いました。
 また飲みたいなと思いました。次はいつでしょう。
[PR]
by shin-pukupuku | 2011-06-19 10:38 | 雑感 | Comments(0)

拾う神あれば・・

 今年も地区総体は辛酸をなめました。あの時にああすればよかったという後悔が今でも胸にわかあがってきます。今年はあつくなりすぎて、審判に文句を言いすぎて、レッドカードをもらうような状況までありました。1対1で同点の状況で、わがチームがゴールを決めたのですが、オフサイドの判定に怒り心頭でした。ベンチを投げようかなと思うほどでした。すると審判が私に説明に来ました。しかし、今でもあれはゴールだったと思っています。結局、そのゲームに2対1で負けたことで、県大会への出場は不可能になってしまいました。本当にあついゲームでした。
 今年はひょっとしたら県大会へ出場できるかもしれないという予感がありました。頭に浮かぶのは、勝利のシーンだったのです。しかし、現実はきびしい。ここ数年と同じように、惜しいゲームはするけど、最後は負けてしまうという結末でした。

 捨てる神あれば拾う神ありです。投稿論文ですが、本日、NJK学会の再査読が来ました。かろうじて今回も土俵際に残っています。しかし、要求は本当にきびしいものです。これをクリアーしないと苦労は泡と消えることでしょう。さあ、これから1ヶ月は論文との格闘です。しかし、これがなかなか楽しいんですよね。
 
[PR]
by shin-pukupuku | 2011-06-16 21:44 | 雑感 | Comments(0)