<   2012年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

体調不良

 この三日間、頭痛と発熱、鼻水で体調不良でした。職員の関係で、無理して昨日は職場へ向かい、5時間も授業してしまいました。そのためさらに絶不調となり、昨日は職場から帰るとそのままキューバタン。気がついたら朝でした。頭痛でやるべきことがまったく進まず、ほんと困ったものです。健康管理だけはこの一年、気をつけていかないといけないと改めて感じることでした。
[PR]
by shin-pukupuku | 2012-01-28 11:44 | 雑感 | Comments(1)

MY WAY

 戦争映画が好きなので、かなりこの作品期待しておりました。ところがはっきり言って、「期待はずれ」となりました。音楽といい、出演者といい、あのブラザーフッドを真似た作品になっていたいと思います。(監督は同じ人でした)しかし、どうしても感情移入できない自分がいました。それはなぜなのかというのが私にもよくわかりませんが、作品に対する意図というのが見えすぎてそう感じたのかもしれません。
 また、ディテールが雑だというのも原因の一つのような気がします。たとえば、マラソン競争が実際のマラソンの状況と違いすぎるのです。また、チャン・ドンゴンの日本語による感情表現があまりにも下手すぎます。
 せっかくのオダギリジョーとチャン・ドンゴンの共演だったのに、壮大なスケールの割には失敗作となっているような気がしました。興行成績も伸びないと思います。
 
[PR]
by shin-pukupuku | 2012-01-22 10:47 | 映画 | Comments(0)

近代化をどう考えるか。

 2年生の歴史の授業、思い切って単元で学習しています。明治時代をワークシートを利用してイラストや絵・写真を中心に2時間で説明しました。テーマは「日本の近代化を私たちはどのように考えたらよいのか」というものです。9時間計画で考えていますが、本日は近代化を示すイラストや写真を選び説明しようという内容で、グループ学習を中心にして取り組みました。
 この実践をしようと考えたきっかけは、佐藤学の「学びの共同」です。前任校でもチャレンジしましたが、班学習という教育方法と教科書レベルの教育内容の関係性をクリアーできなかったという反省がありました。そのためしらないうちにまた教育内容を教えるには効率性の良い一斉授業に転換していきました。
 今回は、思い切って発想を変えました。社会科学の視点ではなく、教育学視点を大切にしてみようと考えたのです。教育内容については教えたくて仕方のないことがいっぱいです。そこを我慢して、生徒の学びを大事にしてみようとしたのです。
 結果はどうなるのかわかりませんが、本日の授業はいつもは学ぶことから逃げようとしている生徒が、あきらかに授業に参加していました。また、私も授業における説明で疲れることはありませんでした。ひょっとしたら、こんな授業が社会科歴史教育なのかなと思うことでした。でも、きっと批判されることだろうと思っています。
[PR]
by shin-pukupuku | 2012-01-19 20:23 | 教育関係 | Comments(1)

やっちゃった

 先日、本屋で必要な本だと思い、思い切って購入しました。満足して自宅の本棚をのぞくと、まったく同じ本が並んでいました。しかも、読破していた本でした。あきれました。よくあまのじゃくさんが同じようなことをして、私は2回ほど、ダブった本をいただきましたが、私もやってしまいました。今度、お返しにプレゼントします。
[PR]
by shin-pukupuku | 2012-01-18 18:09 | 雑感 | Comments(1)

お星様は・・

 昨晩、K大学学友会管弦楽団の定期演奏会に行きました。あの著名なS野竜也が指揮をするので、会場は満席でした。私の連れ合いも合唱団として参加していたからです。N会長とも偶然お会いしました。
 演奏されたMAーラーの交響曲第2番「復活」ハ単調の曲は壮大でした。フォルテやピアニシモが何度となく繰り返され、まさしく「復活」の場面を想像させるような曲でした。「夢から醒めもとの生活に戻ると、迫りくる人生の流れが悪夢に似ている」という言葉が第3楽章では使われていますが、マーラー自身の晩年に苦しめた病(精神病)との葛藤でもあり、それは聴衆の私自身の人生を問いかけるものだったような気がしました。
 演奏は拍手が続き、成功のように見えましたが、私にはあの「のだめカンタービレ」で登場するお星様は見えませんでした。私も優れた演奏に接すると、演奏を聞きながらさまざまな想像する情景が自然と浮かんでくるのですが、出ようとして消えるという状況でした。それはやはり菅楽の演奏レベルにあったような気がします。
 良い座席がなくて、前から6列目の中央で聞いていました。ちょうど下野氏を直視できるところです。彼の指揮はメリハリがきいて、後ろからオーラを感じました。彼を見るだけで満足できたような気がしました。それとアルトのソロもすごいでした。S水香澄という方のようですが、あれだけの大人数の中での声量と歌のすばらしさに感激しました。
 演奏会を聞きに行くと、頭の疲れが一気にとれるような気がするから不思議です。
[PR]
by shin-pukupuku | 2012-01-15 06:23 | 雑感 | Comments(0)

正月三が日

 この正月3日間、食べては飲んで寝て・・の繰り返しでした。何も考えずにボーッとしていました。この三日間は何もしないと決めていました。ゆっくりできたことが何よりでした。また、がんばろうという気持ちがわき上がってきました。
[PR]
by shin-pukupuku | 2012-01-04 20:51 | 雑感 | Comments(0)