消費税増税

 衆議院を消費税増税法案が可決してしまいました。民主党が分裂しそうな法案ですが,たしかにそれほど国民生活に影響を与える大きな法案です。
 問題は,その増税分を何に利用するかという点だと私は思っています。社会保障費に利用するということのようですが,マスコミ報道を読むところでは,いったいどのように何に利用されるのか,その内訳がはっきりしません。私はそこが最も大きな問題だと思っています。社会保障に利用するのであれば,その内訳をはっきりさせるべきでしょう。
 現在の日本の財政状況を考えると,消費税増税も一つの政策かもしれません。しかし,国民生活を重視するのであれば,その増税分を社会保障に利用することをしっかりと確保すべきでしょう。また,新たな増税策を考えるのであれば,私は環境福祉税だと思っています。環境に関わる事については課税すべきだと思います。原発などはまさしくこの環境福祉税に該当することでしょう。
 日本社会は広井良典が述べているように,「創造的福祉社会」への政策転換を図るべき時期に来ているのだと私も思っています。
[PR]
by shin-pukupuku | 2012-06-30 21:47 | 雑感 | Comments(0)

地域コミュニティ 

 アメリカの授業では、アメリカの大量生産・大量消費スタイルが世界中に影響を与えていることを教えます。その例として、ショッピングセンターが出てきます。日本でもイオンがその例ですね。ところが、その一方で買い物難民を生みだしている日本の現状があります。生徒たちに聞きます。「アメリカ型のスタイルは日本に適応するのか?」-生徒たちの多くが、合わないと言います。「なぜ?」と聞くと、きちんとした解答を応える生徒は少ないです。
 日本スタイルはやはり、商店街だと私は思いますね。コミュニケーションを大事にしながら、地域コミュニティをつくりあげていた日本社会があったのです。宮崎駿の作品「パンダコパンダ」では、地域の商店街の人々が主人公に声をかけますよね。あのスタイルが日本に合うと私は思います。
 マイカーでショッピングセンターに向かう日本人の姿は、日本社会にとって好ましい姿ではありません。ヨーロッパ型都市の姿である商店街にベンチを設けて、おしゃべりを交わしながら、生活を楽しむスタイルを日本にもどんどん取り入れていく必要性があると私は思います。
[PR]
by shin-pukupuku | 2012-06-29 21:22 | 雑感 | Comments(0)

学年主任と担任

 本日は、一日大変でした。帰ってきてからもへとへとです。というのも、私が副担任をするクラスの担任が、昨日に続いて休みだったからです、そんな日に限って、授業が多くて、この日は5連続の授業でした。昼休みは合唱コンクールの練習で、生活の記録に宅習帳の点検、さらに不登校生たちの面倒と、本当に息つくしまのない一日でした。つまり、学年主任と担任の業務を同時並行にやって、さらにカウンセリングの教室まで面倒を見るという、この上ない多忙さでありました。疲れました。そのためにゆっくりする余裕もなく、当然、研究に手がまわらないという一日でした。ああ、明日こそは自分の研究に手をつけたいなあ。
[PR]
by shin-pukupuku | 2012-06-26 22:43 | 教育関係 | Comments(0)

どしゃ降りの中で

 どしゃ降りの雨の中、サッカーの主審をしました。今月は審判が多く、先日の地区総体を含めて、4試合目です。〇十代に突入して、よくもまあ走って審判していると思います。先日は、あまりに暑くて、途中クラクラしました。しかし、経験がものをいっているのでしょうか、選手からの不平や不満は出ない試合が続いています。健康には良いのでしょうが、本日は雨に打たれて疲れが倍増したのでしょうか、帰宅後、バタンキューで寝てしまいました。来週からまたがんばっていきましょう。
[PR]
by shin-pukupuku | 2012-06-24 18:19 | サッカー | Comments(1)

道徳の授業では・・

 昨日はN中学校へ午後から出張でした。道徳教育の研究公開でした。思い出してみると、私はこれまで道徳の研究公開に参加したのは、初めてでした。たしか、K中学校に勤務していた時に、文部省の研究公開に指定されたときがあり、その時は公開側で授業を見学したことはありましたが・・。
 授業を見学してさまざまなことを考えました。「自分らしさ」がテーマでしたが、教材との関連性がはっきりしないなあと思ったり、教材の最後に出てくる主人公の涙は、はたして「喜びと充実感の涙だったのか」と考えたり・・。授業は、予想通り子ども達に伝わらないものになっていましたね。
 そもそも脇役であった主人公が、脇役をきちんとやりとげることが、その脇役の「らしさ」なのか、不思議に思いましたね。私には、脇役という責任をきちんとやりとげたという見方があっているような気がしました。
 まあ、こんなことを考えることができたので、それだけで参加して良かったのでしょうかね。ちなみに研究そのものは、私の目から見ると穴だらけでしたね。そういうことを質問できない会の運営も、やはり道徳教育だからでしょうかね。 
[PR]
by shin-pukupuku | 2012-06-23 08:12 | 教育関係 | Comments(1)

問題意識

 先日の土曜日はR教育者K会に参加しました。なつかしい顔と会えるのはとてもうれしいかぎりでした。
 講演も興味深く、分科会も楽しめました。レポートも充実したものでしたが、私が考えたことは、問題意識の大切さでした。Sさんのレポートは一冊の本のようになっていました。いつものように圧巻でしたが、問題意識が今回は弱い気がしました。でも、それでもすごいことには変わりませんが・・。
 Oさんのレポートは社会科の枠を越えていましたね。目の前の子ども達の現状から、これをどのように変えていくのか、そのために社会科を利用するというものでした。生活指導と社会科という教育内容をミックスしたものでした。Oさんのレポートは昔から、そのスタイルであったような気がします。Oさんにとって、社会科よりも教育内容によってどのように子ども達を民主的な存在に買えていくのかということが関心の的だったような気がします。
 Obさんのレポートは、生徒たちからの声を取り入れていこうとする地理授業改善のものでした。問題意識がすっきりしていたのは、Oさんのレポートでしたね。
[PR]
by shin-pukupuku | 2012-06-21 19:09 | 教育関係 | Comments(0)

私も見たよ!

 私も見ました。先日の金星日食。出張でHホールへ足を運んだら、たまたま日食グラスを無料で貸し出していました。すぐに手にして、太陽を見ましたが、あまりよく見えません。じっとにらみつけると、太陽の左側にほくろみたいなものが見えました。「ああ、これか・・」と感激しました。あきらめていたのに偶然見ることができたので、ラッキーと思いました。下の写真は望遠鏡を通して白紙に映し出された金星日食です。見えますか?

f0048182_11472583.jpg

[PR]
by shin-pukupuku | 2012-06-09 11:47 | 雑感 | Comments(1)

ハート型の・・

f0048182_22401215.jpg
 先日は、京都にあるB大学での学会学習会に参加しました。MGTAについての学習と、教育実践をどう論文にまとめるかというテーマのもとでの学習会参加が、D課程の授業だったからです。
 始まる前に、昼飯を食べましたが、本格的なイタリアン料理店に入りました。ランチメニュウを頼んだのですが、食後にカプチーノがついておりました。目の前に来て、びっくり。クリームがハート型でした。隣の方はそうでもなかったので、感激して思わず写真に収めました。女子中学生と同じ反応ですね。
[PR]
by shin-pukupuku | 2012-06-06 22:40 | 雑感 | Comments(0)

なかなかのものでした。

 先日、京都をフィールドワークしました。6月に足を運んだのは初めてです。三十三間堂に行く途中で、その裏手にある「養源院」を訪問しました。秀吉の側室「淀」が亡き父浅井長政の供養のために建立したものですが、火災にあい焼失。その後、大河ドラマの主人公となった「江」が二代将軍徳川秀忠に願い出て再興したものです。中には伏見城落城の時の「血天井」なるものがあったり、俵屋宗達の筆で杉戸に象や獅子、麒麟などの襖絵があり、なかなかの見物でした。
 いやあ、それ以上に私が気に入ったのは、門からの景色でした。それが下の写真です。なんか、疲れた心を癒してくれるような気がしましたね。

f0048182_8581344.jpg

[PR]
by shin-pukupuku | 2012-06-06 08:58 | 雑感 | Comments(0)

ニシンそば

 京都に行くと、必ず食するものがあります。それはニシンそばです。3年ほど前に、あまのじゃくさんといっしょに京都をFWしたときに、紹介していただきました。夏の暑い日でしたが、ニシンそばのおいしさに感激した覚えがあります。ニシンという魚は北海道周辺でとれる魚です。その魚が腐らないようにしたものです。ウィキペデイアでは次のように紹介されています。
「冷凍・冷蔵技術や輸送技術が未発達だった当時、水揚げされたニシンは乾燥品の身欠きニシンに加工されたのち北前船などの海路で本州に移出されて流通し、長期保存が可能な海産物として重宝されていた。」
 あまのじゃくさんの説明では、北陸の方からニシンを運ぶルートがあったということでしたが、その歴史性を感じながら食するのです。ところが、よく調べてみると、ニシンそばは明治になってからのようです。てっきり、北前船とかいうので、江戸時代からだと思っていました。
 次の写真は、先日食べたニシンそばです。おいしかったなあ。

f0048182_8473647.jpg

[PR]
by shin-pukupuku | 2012-06-06 08:48 | 雑感 | Comments(1)