<   2012年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

学生時代の同級生

 N社会科教育学会に午後から参加しました。T学芸大学で行われています。当初は朝から参加する予定でしたが、娘と会う約束があり、そちらを優先しました。
 会場へ向かうとシンポジウムは大盛会でした。教室に入れないぐらいの状況です。入ってすぐに横を見ると、学部時代の同級生が座っていました。彼は今ではT書籍の教科書編集長です。社会科系の研究会に行くとよく顔を合わせます。「早く私を教科書執筆者にしろ!」と言うと、知らないふりをします。学部時代から無理なことを言われると表情が困った顔になるのが特徴でしたが、相変わらずのようでした。
 シンポジウムはリスク社会について考えるーというテーマのようでしたが、私は疲れからか、何度か寝てしまいました。しかし、もっとも心に残った方は、福島で有機農業に力を入れてきた方の話でした。3.11以前から有機農業で村の活性に尽力してきた方でしたが、事故以後も残留放射能と闘い、3.11以前に村を復興させるのではなく、3.11以前よりもさらに村を発展させようと有機農業に力を入れているということでした。有機の土の力が、セシウムと結びつき、農作物には残っていかないことがわかったと話をされていました。
 この方のシンポジウムでの報告は、聴く人をひきつけました。感性に訴えながら、経験に基づいた話は、説得力がありました。
 ところが、他の研究者や実践者の話は、頭の中で考察したうすっぺらなもののような気がしました。報告や発表に慣れている社会科の研究者や教師よりも、発表は素人なのに、農家の方の話の方が、胸に響くというのはいったいどうなってんの?と思いました。あのような甚大な被害を生み出した福島原発事故以後にもかかわらず、「両論併記」にこだわる方もいました。有機農業の方が、「農業と原発は共生できない」と言い切ったお話に、心惹かれましたね。
 
[PR]
by shin-pukupuku | 2012-09-30 05:42 | 雑感 | Comments(1)

師がつながる

 昨夜、新宿で師匠の師であるK藤A先生にお会いしました。かなりの年齢だと思うのですが、元気そのものでした。私が宿を取ったのは、偶然にもそのK藤A先生の自宅がある京王線沿いのF駅近くでした。二人で満員電車の中でいっしょにお話を伺いながら帰りました。これは本当に神様が導いたのかもしれません。K藤先生は、上教大の学長もされておりましたので、私の受賞を孫弟子として喜んでくださりました。
 帰り際に、W歌森T郎のことも聞きました。戦後、周囲から批判されたときに、本当に気の毒だったと語っておりました。そして、W歌森先生の師匠である柳田国男のことも聞きました。K藤先生もお会いしたことがあり、自分が勤めていた学校まで来ていただいたこともあったのだそうです。また、私の学部生時代の恩師であるO槻健先生についてもよくご存じのようでした。
 私の師の系譜を聞くことができてとても有意義な一日となりました。私が民俗学に興味を持つのは、どうやら師の系譜の影響があるのかもしれません。しかし、いじめ判決書学習との接点は・・と聞かれるとう~むとうなってしまいそうです。
[PR]
by shin-pukupuku | 2012-09-29 07:31 | 教育関係 | Comments(0)

びっくりしました

 辰野千壽教育賞の授賞式に出席しました。びっくりしました。授賞式に出席するまでは、気軽な感じでいたのですが、実際の授賞式は格式高いものでした。新聞社も2社ほどかかわっていたようです。私は取材されませんでしたが・・・。
 それにしても、受賞者の業績に驚きました。隣の小学校の教頭は、美術教育に尽力して研究していたようですが、聞くところによると、いわゆるA論文5本の掲載があるそうです。最優秀賞を受賞した新潟の高校の先生は、非常勤で大学の講師を行い、研修センターの講師や市民向けの講座も担当しているようでした。
 何度かチャレンジして、やっと受賞したということでしたので、私が懸賞目当てですと言うと、目を丸くしていました。賞状と賞金と置き時計をいただきました。努力が報われたようで、とてもうれしい気持ちになりました。
 受賞の写真は上教大HPにアップされるようです。ご覧になってください。
[PR]
by shin-pukupuku | 2012-09-29 07:16 | 教育関係 | Comments(1)

いじめ授業は・・

 昨日と本日、2日間にわたっていじめ授業の2時間目、3時間目を行いました。活用した判決書は、千葉県中学校いじめ事件です。第1次は全校の学級担任が私の資料をもとにして、授業してくれました。
 この二日間、読売新聞東京本社の教育担当記者が、授業を参観し、取材してくれました。私も積極的にこの授業の意味をアピールしました。この授業は広く全国の学校で実践されなければならないと思っています。そのためには、さまざまな機会を見つけてアピールせねばなりません。それが社会貢献だと今は思っています。記事は10月中旬に記事になるようです。記者も満足していたので、きっといじめ防止を期待すできる実践として紹介することでしょう。南日本新聞ではなく、全国紙の読売新聞というのが良いと思っています。

 そして、今、東京駅近くのホテルに泊まっています。明日は上越へ向かいます。辰野教育賞で優秀賞を受賞しました。もちろんいじめ判決書学習の研究です。研究費目当てで応募書類を出したのですが、認めてもらえてうれしいかぎりです。明日は授賞式に参加します。終わるとすぐに東京へ戻ってきて次の日からはN社会科教育学会に参加したいと思っています。発表とかはしませんが、研究仲間を応援したいと思っています。
[PR]
by shin-pukupuku | 2012-09-27 22:58 | 教育関係 | Comments(0)

強行実施

 台風接近で実施できないと思っていた体育大会でしたが、見事にアメダスとにらみながら、一部競技を省いて午前中だけ体育大会を実施しました。連絡網の時は、鹿児島市内は大雨だったので、驚いたのですが、実際に行ってみると、会場では何度か雨が降りましたが、グラウンドコンディションを整えて、実施にこぎ着けることができました。生徒たちが一生懸命取り組んできた競技を中心にして行い、昼食前に終了を宣言し、片づけまで教師集団で行って、終わった後に、風雨が強まってきました。
 それにしても、アメダスの力は大きい。10分単位で出るのですが、見事に当たりましたね。天気の良い時間帯を見計らって、競技を行い、雨になる前に片づけまで終わらせることができたというのは、神業に近い感じでした。子どもたちも満足し、保護者からのクレームもなし。お見事でした。
[PR]
by shin-pukupuku | 2012-09-18 08:15 | 雑感 | Comments(1)

明日は・・

 明日は職場の体育大会です。本日の雨の降りようでは、おそらく順延となることでしょう。そうなると、月曜日の祭日も無理ですので、火曜日の平日に実施される可能性が高いでしょうね。少しぐらいの雨では実施するとは言っておりますが、今度の台風の強さから考えると、途中で中止と言うこともありえます。判断がむずかしくなるでしょうね。天気予報は科学の成果で、きわめてよくあたるようになりましたが(私の小学生の頃はあたる方がめずらしかったなあ)、これだけは何年たっても神頼みでしょうか。これまで努力して準備してきた生徒や先生方のためにも、なんとか持ちこたえてほしいものです。(私は外野が多くて、主体性に欠けていましたが・・)
[PR]
by shin-pukupuku | 2012-09-15 16:58 | 雑感 | Comments(1)

歩いてみると・・

 T田のホテルからJ教育大学まで、時間がありましたので歩いてみました。T田は城下町で昔の雰囲気をただよわせている町です。寺社もかなりの数があります。そこで雰囲気を味わいながら、歩いてみたのです。
 ところが、思った以上に遠かったです。大学まで55分もかかってしまいました。そのため、授業になんとか間に合うという状態になってしまいました。汗もダラダラでした。次の日からは歩くのはやめてバスで大学へ向かうことにしました。でも、バスは1時間に1本。昼間になると2時間に1本という状況です。ここも車社会ですね。
 下の写真は、歩いているときにJ教育大学の方を向いて写した写真です。稲穂はたわわにみのって、黄金色になるのはもう少しですね。平野が広くて、鹿児島とはやはり風景が違うようです。
f0048182_16544775.jpg

[PR]
by shin-pukupuku | 2012-09-02 16:54 | 雑感 | Comments(1)

餃子、そしてビール

 授業最終日の講義を受けて、J越を去る日の昼食は、Um先生の紹介で、シャンハイという中華料理屋に行きました。「餃子が大きくておいしいよ」ということでしたので、注文すると、本当にでかい餃子でした。しかも食べてみると、ジューシー感溢れるものでした。フーフーしながら食べたのですが、生ビールが280円とかなり安かったので、昼間にもかかわらず、注文しておいしくいただき、飲んでしまいました。命が生き返ったような気がしましたね。
 結局、私はグルメツアーをしていたのでしょうか?しっかりと授業も受けていたのですが、その中身よりもおいしいものがいちばん印象的な旅でした。21日から28日までのなが~い旅でしたね。充実した夏休みでありました。
f0048182_16452324.jpg

[PR]
by shin-pukupuku | 2012-09-02 16:45 | 雑感 | Comments(2)

T田のウニにほっぺが落ちました

 T田の町にあるTすしというお店でUm先生と食事しました。途中から、Um先生がJ教育大学にきて最初のゼミ大学院生の一人、Mさんもいっしょになりました。Mさんは小学校の期限付き教師を新潟でやっていますが、研究は台湾教育史をされているようです。台湾についてかなり造詣が深いようでした。そして、とてもユニークな方で、何度も大笑いしてしまいました。
 そのときに、Um先生がおごってくれたのが、下の写真の「うに」でした。とろりとしてほっぺが落ちてしまいそうなぐらいおいしい味でした。これを味わいながら日本酒を飲むー最高の気分でしたね。生きていて良かったと感じさせるほどでしたよ。こんなおいしい料理を味わえるなんて、T田まで来た甲斐がありました。
 学習ではなく、食のために遠いところへ足を運んでいるような・・・金かけているのに、いけませんね。
 下の写真はそのウニであります。
f0048182_13244627.jpg

[PR]
by shin-pukupuku | 2012-09-02 13:26 | 雑感 | Comments(0)

ミソカツ最高でしたよ!

 8月末にA教育大学を訪問しました。その大学のあるT立で、愛知が誇る「ミソカツ」を食しました。それまでは、愛知の人は、何かあるとミソだからなあ・・と思いながら、さらにミソの味が鹿児島とは違うしなあと思いながらいたのですが、M先生から紹介されたミソカツは、これ以上になく絶品の味でした。鹿児島が誇る「T亭」のカツ定食にミソカツが味付けされているという感じでした。当然、みそ汁も赤みそ。八丁味噌という有名なものがありますよね。
 思わず絶品の味にニンマリ。お客さんもかなり多かったです。お店はそれほど大きくないのですが、味にこだわっているお店と感じました。
 そのミソカツの写真を下に貼りました。見るだけですが、いっしょに味わってもらえれば・・。

 
f0048182_1352413.jpg

[PR]
by shin-pukupuku | 2012-09-02 13:12 | 雑感 | Comments(1)