<   2012年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

あの悲劇は・・

 池上正樹・加藤順子著『あのとき、大川小学校で何が起きたのか』(青志社)、2012年11月

 何度も考えさせられた。学校とは何なのか、教育とは何なのか、教師とは何なのか、そして教育委員会の役割は何なのか。
 大川小学校の悲劇を知らない人はいない。74人の児童と10人の教師が3.11の津波で犠牲となった。しかし、これを単に「悲劇」と片づけて良いのだろうか。
 犠牲者の保護者は、そのときに何があったのか、なぜ大川小学校だけがこれほどの犠牲者を出したのか-そのことを知りたいのだ。それは、わが子の最期を知ることが親としての最後に出来ることだからである。しかし、I市教育委員会の調査は杜撰である。損害賠償を回避するために、なんらかの口封じをしているとしか思えない。
 校庭に出て、50分間、児童たちは待避していた。「先生、山に逃げよう」と言っている児童もいたのに、動こうとしなかった。山はすぐそこにあった。大津波が見えて、1分間が逃げたときだった。しかも逃げた先は山ではなく、堤防近くの三角地点。川からは大津波が逆にやってきた。波にさらわれた子どもたち。
 教務主任であったA教諭は、小学3年生と山に逃げて助かった。この本ではおそらくA教諭は二階から大津波を見て、そのまま山へ逃げたのではないかと推測している。A教諭は何も語らない。主治医の判断で休職し、コメントもとれないらしい。
 いったい何があったのか。そして教育委員会の対応は問題が多すぎる。奇しくもこの夏は大津市内中学校いじめ自殺事件で大津市教育委員会が情報公開と調査について断罪され、ついに警察が捜査するという事態にまで発展した。この大川小学校の事件もまったく中身は同じである。
 この事件は、悲劇ではすまされない、現在の日本の学校教育のひずみが産んだ解明しなければならない奥深くにひそむ病巣だと思う。
[PR]
by shin-pukupuku | 2012-12-31 10:06 | | Comments(0)

見ましたよ。

 NHK交響楽団の「第9」を聴きに行きました。あの渋谷のNHKホールです。「あの」とつけたのは、紅白で使用される会場だからです。初めて入って、なるほど・・ここでやっているのか・・と納得することでした。テレビで見ると広く感じますが、会場にはいるとそう感じませんでした。
 娘の大学は毎年合唱団として在学生を出演参加させています。娘も今年は出演するので、ついでに家族で行ってきました。
 すごいのひと言でした。演奏のすばらしさはまるで、CDをそのまま聴いているような感じでした。そしてひとつひとつの楽器の音がシャープで、さまざまな楽器の音に重層感があり、音楽そのものに深みがあるような感じでした。声楽のソリストもあの演奏の音にもかかわらず、声が響いて聞こえており、そのすごさに圧倒されて、2時間足らずがあっという間に終わってしまいました。会場は超満員。さすが、NHK交響楽団という感じでしょうかね。東京在住の方は、このような優れた演奏を聴く機会が多いというのが、うらやましい気がしました。
[PR]
by shin-pukupuku | 2012-12-31 10:02 | 雑感 | Comments(0)

ご存じですか?

 堂島ロールって、ご存じですか?女性に人気のあるロールケーキの老舗なんだそうです。私はまったく知りませんでした。これもUm先生から紹介していただきました。堂島を少し歩いて、そのお店の中まで入りましたが、お客さんは多数。しかも女性客だらけ・・という状況でした。(下の写真はそのお店の様子です)

 「これはぜひ家族へのおみやげに買っていこう」と思いました。次の日、帰り際にお店に寄りましたが、買う段階になってから、賞味期限が3時間ということを耳にして、購入を断念しました。まあ、一日ぐらい大丈夫だと思うのですが・・・。きっとおいしいのでしょうね。
f0048182_18223018.jpg

[PR]
by shin-pukupuku | 2012-12-24 18:20 | 雑感 | Comments(1)

ビール発祥の地

 私がビール好きだと言うことはご存じだと思います。最近は自宅ではエビスビールを嗜んでおります。たしかに価格が高く、高級という印象はありますが、ビールはやはりホップと麦芽のみで作られているものが本物です。コーンスターチなんて、ありえません。
 ところが、忘年会では飲み放題なのは良いのですが、生ビールは発泡酒。許せんーと思いながら、ビールとは思えないコクのなさに憤りながら、日本酒はと言うと、京都の伏見の日本酒しかありません。さらに「許せん」と心で思いながら、冷酒は新潟か東北でしょう-と言っても、埒があきませんでした。
 先日、Um先生にビール発祥の地に置かれた碑を紹介してもらいました。サッポロビールが発祥ではないかと思っていたので、札幌に発祥の地があるのかなと思っていたら、なんと大阪中之島近くの堂島にその碑はありました。ANAクラウンパレスホテルのすぐ近くの小さな公園の一角です。
 最初のビールは「渋谷ビール」と呼んだようです。ラベルは犬のマークでした。渋谷というのは、渋谷庄三郎という人が醸造したからなのだそうです。下の写真はその碑です。
 f0048182_183763.jpg
[PR]
by shin-pukupuku | 2012-12-24 18:03 | 雑感 | Comments(0)

研修会

 先日、L学園の研修会に呼ばれ、いじめ問題についてお話をしてきました。L学園の先生方はとてもまじめで意欲的な先生方ばかりでした。力足らずの私が話をするなんて、僭越でしたが、90分間なんとか終えることができました。しかも、先生方は最後に研修についての感想文をしっかりと書いて下さり、私の研究のデータ資料にすることができました。本当に感謝、感謝です。N会長、呼んでいただきありがとうございました。私にとっても貴重な経験となりました。
[PR]
by shin-pukupuku | 2012-12-23 13:57 | 雑感 | Comments(0)

びっくり

 先週末は、おいの結婚式参加のために東京へ向かいました。羽田空港で出版社の方と打ち合わせのために喫茶店に入って話も佳境に入っているときに、いきなり地面が揺れました。そうです、東北宮城沖合で起こったマグネチュード7の地震の影響でした。かなり揺れました。ちょうどテレビ放送も中継中でしたので、かなりあせりました。どうしよう・・と思いました。羽田空港館内放送では、震度3ということでしたが、そんなことはないだろう・・と思っていたら、案の定、震度4でした。とにかくあせりましたね。
[PR]
by shin-pukupuku | 2012-12-14 22:27 | 雑感 | Comments(0)

この土日に・・

 この土日に映画を2本見ました。一つが「アルゴ」、もう一つが「終の信託」です。アルゴは最高でした。エンドに向かって、緊張感がどんどん高まっていく映画構成で手に汗握るという感じですね。映画を楽しむのであれば、この映画は最高だと思います。同時に時事にもとずくストーリーということなので、イランとアメリカとの外交関係の学習になると思います。時代は1980年ごろ、イラン革命でホメイニ氏が立ち上がり、アメリカ大使館が襲われるという事件をもとにしたものでした。いやあ、本当に楽しかったなあ。
 もう一つの「終の信託」は、ひと言で言うと疲れました。周防正行監督で草刈民代主演、役所広司が出演となると、あのShall we dance?を思い出しますが、それ故に期待しておりました。テーマは安楽死。役所広司の演技力の高さに驚きましたが、周防監督は妻である草刈民代を女優として成功させようとした意図のある作品のように思いました。安楽死については、テーマが古いです。また、ストーリー展開がおそく、バックミュージックもほとんどなく、映像も決まりきったところの作品で、省エネ作品と感じました。それゆえに、あまりおもしろくなかったなあ。
 明日からまた仕事です。英気を養って、また一週間がんばっていきましょう。
[PR]
by shin-pukupuku | 2012-12-02 19:04 | 映画 | Comments(0)