<   2014年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧

研究室でのゼミ

 金曜日には2年生対象のゼミ形式の「総合基礎演習」という授業があります。私は4人を受け持っています。男性1人、女性3人で、二人が被災者です。先週は4人で取り組む調査研究テーマを追求しました。宿題を出していたのですが、だれもしっかりやっていなかったものですから、各自に最近の朝日新聞を渡し、それぞれ興味を持った記事3つの説明とその理由について意見発表してもらいました。さすが大学生、中学生とは違います。説明もそれなりにうまいし、なかなかおもしろいところもありました。時間の関係で8つの記事をそれぞれ再確認して、その中の一つ、「高齢者の自宅での死」について検討していくことにしました。テーマまでは決まりませんでしたが、次はさらにテーマをしぼっていきたいと思います。そのために、記事を再度読み合わせ、論文の研究目的をいくつか読ませ、みんなで何を目的にどのような方法で調査していくかを話し合っていきたいと思います。
 そして、次の週は文献をいくつか調査し、さらにテーマの検討をしていく予定です。やはり授業は楽しいですね。いちばん私が生き生きする時間です。学生も慣れてきたのでしょう、緊張感がなくなってきましたね。
[PR]
by shin-pukupuku | 2014-04-30 19:29 | 教育関係 | Comments(2)

反論

 本日は終日研究室で、査読に対する回答書を作成しておりました。3人の査読に対する対応を表にまとめて書いているわけですが、3人目の査読はどうしても私の見解に合いません。しかもその指摘に従うと、論文そのものの基盤が崩れてしまいます。今回は反論することにしました。初めてのチャレンジです。
 これまでは査読者に合わせて論文を変更していましたが、今回は掲載不可でもかまいませんのでこわいものなしです。言葉は丁寧に対応しますが、内容は真っ向から反論する予定です。
 なんとなく楽しくなってきました。査読者は怒って、掲載不可という判断をするでしょうか。一人でも不可だとダメだと聞いたことがあります。まあ、研究仲間の参考になりますので、今回はチャレンジしてみますね。応援お願いします。といっても、応援なんてできませんね。
[PR]
by shin-pukupuku | 2014-04-29 18:56 | 雑感 | Comments(2)

毎日楽しんでいます。

 NHKの朝ドラ人気は高いものがあります。先日の視聴率の一覧では、この4月から始まった「花子とアン」が第1位でした。あまちゃんからごちそうさんと続き、高視聴率は続いています。共通するのは主人公が女性。しかも、時代に翻弄される女性というところでしょうか。
「花子とアン」は脚本が中園ミホですので、貧富の差と格差社会については、ドラマの基調に位置づけられています。
 環境が変わって、私の最大の楽しみはこの「花子とアン」を毎日見ることです。朝7時半のBSでの放映を見ています。この番組を満喫して職場へ向かうという毎日の暮らしです。昨年までは考えられなかったことですが、朝は9時40分が1校時ですので、余裕なんですよね。しかも、前期は金曜日だけが授業日ですので、確実に朝ドラを見れるというわけです。今のところ、1回も見逃したことがありません。このままでは、朝ドラは私にとって、最大の楽しみであることが続くだろうと思います。
[PR]
by shin-pukupuku | 2014-04-28 21:42 | 雑感 | Comments(0)

判決書教材研究会のみなさんのおかげです。

 この3月から名称が変わり、通称「エデュ・ロジック研究会」に変わりましたが、それまでお世話になりました「判決書教材研究会」のみなさまには心より感謝しております。
 昨日、いきなり日本K育J学会の印刷製本会社から「最終校正です」と連絡がありました。編集委員会には引っ越しのどさくさの3月30日に最終の審査用論文を送ったのですが、その後、何も連絡がなかったので、不安でした。そして、校正の連絡。うれしいかぎりでした。これで、なんとか本来の3年間で学位をとれる見込みが確実になりました。
 これも研究会のみなさんのご指導サポートのおかげです。修正論文は、義父の葬儀と重なり、かなり苦労しましたが、義父が論文掲載に力を与えてくれたような気もします。
 本日は、日曜日にもかかわらず研究室にこもり、校正しておりました。そしたら、うちの職場は日曜日はインターネットが使えないということがわかりました。日曜日は仕事をするなということなのでしょう。
 もうこれからは論文投稿はしばらくの間、休みにしようと思います。これからは本を作ります。と思っておりましたら、今度は日本G教育学会から「修正再審査」で査読が送られてきました。内容はかなりきびしいようですので、掲載への道のりはかなりきびしいような気がしますが、こちらもがんばろうと思います。研究会のみなさんにご指導をうけたいところですが、今回も自分なりにやるしかありません。だめかもなあ。
 
[PR]
by shin-pukupuku | 2014-04-27 19:00 | 教育関係 | Comments(2)

New Car

 こちらに来て、ディーラーから借りた代車でずっとなんとかやっていました。ホンダスカイウェーブでなかなか乗り心地が良く、気に入っておりました。
 そして、注文して1ヶ月以上もかかってやっと新しい車の納車となりました。今回、新車を購入しました。職場までは近いし、あまり車に興味のない私からすると、とにかく乗れれば良いという判断でした。そこで、コンパクトカーにしました。ホンダの定番、フィットです。ハイブリットが有名になりつつありますが、私は長距離ではないので価格も安いガソリン車にしました。
 乗ってびっくり。最近の車は信号待ちするとエンジンが止まるんですね。ハイブリットだけかと思ったら、ガソリン車もそうなるようでした。そして、ナビのすごいこと。iPhoneと同期して、運転したまま会話ができるようです。
 しかし、乗り心地は良くないですね。さすがコンパクトカー。鹿児島で乗っていたスウィフトよりは良いような気がしますが、結構揺れるようです。スカイウェーブはかなり良かったのですが・・。
 当分の間はこの車を楽しみたいと思います。近いうちに平泉まで車で行こうかなと思っております。
[PR]
by shin-pukupuku | 2014-04-27 18:45 | 雑感 | Comments(1)

東北F祉大学にて

 昨日は、東北F祉大学で開催された全国F育士養成協議会なるものの総会に出席しました。この組織は全国に広がる組織のようで、毎年全国大会を開催し、1000人以上が参加するのだそうです。保育士養成に関わる組織のようです。
 私はまったく興味ないのですが、勤務先の担当で幼保育成と小学校育成の両方に関わっていますので、参加することになりました。自宅から車で高速を利用して1時間半のところにありました。
 東北F祉大学は、あの大魔神佐々木の出身大学で、今のりにのっている大学です。倍率が7~8倍にもなる人気大学で、早稲田大学関係者も視察に来るぐらいなんだそうです。その副学長が東北地区ブロックの会長でした。
 会議の最中は何度か睡魔に襲われましたが、保育士をめぐる問題がおぼろげながら見えてきました。特に認定こども園をめぐる問題は、保育士養成と幼稚園教諭養成の両者をめぐる問題であり、文部科学省と厚生労働省のなわばり争いの結果が、これまで溝を作ってきたのでしょう。その溝を埋めるには課題が大きいと思いました。
 
 いっしょに参加した先生が、終了後の情報交換なる懇親会に参加する予定だったのですが、急遽、行けなくなり、代わりに私が参加しました。アルコールを飲まないで、このような会に参加するというのは私にはとてもめずらしいことなのですが、今から考えると参加して良かったなあと思いました。保育士養成に関わる東北地区の大学短大専門学校の関係者と知り合いになることができました。このような会に参加することで、保育士養成の情報も手にすることができます。勤務校の参考にできそうです。でも、慣れないので、疲れます。はい。
[PR]
by shin-pukupuku | 2014-04-27 09:13 | 雑感 | Comments(0)

私立がない。

 本日は石巻市内の高校を訪問しました。私の担当の公開講座の案内と挨拶回りです。きのうと合わせて、10校ぐらいをまわりました。訪問して気づいたことが3点ありました。

 ①石巻には私立高校がありません。すべて公立高校なんだそうです。受験に失敗したらどうするんですかと聞いたら、仙台市内の私立高校へ通うか、2次募集に志願するんだそうです。そういえば、保育園や幼稚園も市立が多く、公立による教育システムが確立されているようです。

 ②「宮城県立○○高校」ではなくて、「宮城県○○高校」というのだそうです。「なぜですか」と聞くと、教育長を勤め、県教育委員会に所属していた先生も「よくわからない」という回答でした。いただいた名刺もすべて「宮城県○○高校」となっていて、あれ?という感じでした。

 ③ 震災3年目を迎えていますが、今でも同じ敷地に別の学校が存在します。この日は、女子校と女子商業がプレハブ校舎にそれぞれあって、校庭はないという状況でした。学校の運営はまったく別々に行われていて、制服も2種類あるという感じです。復興と言いますが、3年経ってもこんな状況の学校が今でもあるのです。両校は高校を統合して来年からは別の名前の女子校になるのだそうです。女子商業の校長は女性でした。鹿児島ではほとんど見られないですが、宮城ではすでに女性高校校長が誕生しているようです。

 以上、地域によって教育環境は違います。校則についても近くの中学校もそうですが、高校も含めてかなりゆるやかなようです。ひょっとしたら、鹿児島が異常なのかもしれませんね。
[PR]
by shin-pukupuku | 2014-04-23 20:50 | 教育関係 | Comments(0)

やっとパソコンが入る

 念願のパソコンとプリンターが研究室に入りました。ウィンドウズ8のつもりだったのに、持ってきたのはウィンドウズ7で、それから8に入れ替えでした。そのために時間が大幅にかかり、会議のために途中で業者には帰ってもらいました。ところが、それがまずいでした。ウィンドウズ8はうまくいったのですが、今度は、オフィスのダウンロードがうまくいかず、2時間以上もかかってしまい、かなり疲れてしまいました。
 慌てて購入しましたので、業者のなすがままに買ってしまいました。パソコンは「hp」ですが、ディスプレイはNEC,そしてプリンターについては念願のモノクロA3対応のレーザーです。
 これで研究環境は整い、うれしいかぎりですが、あまりにも雑務が多すぎて、まったく研究できていません。こんなはずではなかったと思いながらも、時間は過ぎていくばかりです。
 明日は3月に注文した家具がやっと届き、自宅では段ボールテーブルとお別れです。
[PR]
by shin-pukupuku | 2014-04-22 08:27 | 雑感 | Comments(0)

大きな中学生

 学部主催の花見が行われました。授業の一環として、1・2年生が集まり、桜満開の下で、学生と教員が交流しました.自己紹介やゲームで人間的なつながりを持たせようとするものですが、こちらは寒さが相変わらずあり、「寒いなあ」と感じながらのものとなりました。
 大学1・2年生は私の娘と同じ年頃なので、なんとなく年代の雰囲気というのがわかるのですが、実際に会話をしてみると、「大きな中学生」という感じでしたね。なんだ、中学校とあまり変わらないなあと思いながら、参加することでした。そういえば、私の娘も中学生のまま大きくなっているような感じです。

f0048182_17475735.jpg

[PR]
by shin-pukupuku | 2014-04-20 17:48 | 教育関係 | Comments(3)

「ほや」って?

「ほや」なるものを石巻に来て初めて食べました。スーパーに行ってみると、その「ほや」がそのままおいてましたので、写真におさめてきました。
 中の身をそのまま食べるようですが、なかなかの味です。やはり日本酒に合いますね。こちらでも人気が高いようで、夕方には、この「ほや」は売り切れになるようですよ。先日、同僚の先生と飲み屋に行ったら、その「ほや」が出てきました。おいしくいただくことでした。

f0048182_16453042.jpg

[PR]
by shin-pukupuku | 2014-04-16 18:44 | 雑感 | Comments(2)