自動販売機から見た人生

 今朝早く、NHKを見ていたら秋田港にあるうどん・そば自動販売機を通して見る人生ドラマの番組がありました。200円の即席自販機。そのうどん・そばを購入にくる人にスポットをあてて、番組を作成していました。いやあ、面白かったですね。吹雪の中でも自販機にやってくる人。思い出をいっぱいつめて、この自販機にやってきたカップル。若い頃にぐれてしまった少女が、10才のわが子を連れて、自分がこの自販機のところにやってきて、癒やされたことなどの思い出が語られました。人生そのものでした。古びた自販機ですが、これほど人々と歩んできた歴史があるのかと思うと、心惹かれる番組となりました。
[PR]
by shin-pukupuku | 2015-04-29 13:02 | 雑感 | Comments(0)

ちょっと変な気分

 世の中は、本日は祭日なのに、私の職場は勤務日になっています。なんか変な感じです。まあ、窓から外を見れば世の中はまったく変わりませんが、気分的に変な感じというわけです。本日の午前中は事務仕事で終わってしまいました。なんか事務職員になったような気分です。
[PR]
by shin-pukupuku | 2015-04-29 12:54 | 雑感 | Comments(0)

 土曜日の午後から体調不良になりました。頭痛がひどくなり、寒気がきて、ずっと布団の中にいました。原因はおそらく、飲み過ぎ・食べ過ぎ?それとも博論のストレス?-まあ、いろいろと考えられますが、きつい中、体温計と熱冷ましシートとポカリスウェットを購入するために、車でドラッグストアまでいきました。部屋では、水分補給をしながら、おかゆを炊き、あとは布団の中でした。おかげさまで、発熱はなかったのですが、頭痛と寒気は続き、その症状は現在も少しだけ残っています。食事は日曜日の昼から出てきたので、安心しています。
 それにしても、やはり一人暮らしの身で体調不良になると、本当に大変ですね。不良なのに、いろんなことを自分でやらないといけない。病院も開いていない時だと、さらに大変です。高齢者の一人暮らしの大変さが身をもって分かったような気がしました。早く、体調が全快になってほしいものです。
[PR]
by shin-pukupuku | 2015-04-27 08:49 | 雑感 | Comments(0)

本日の田中裕子の演技

 本日の朝ドラ「まれ」には感動しました。お母さん役の田中裕子が、東京へ向かう息子役の俳優に、子どもの時から大好きだった桜餅を持ってくるシーンです。田中の演技は、母親の優しさを見事に演じきっていました。おそらく全国の男たちは、この演技に自分の母親を見たと思います。そんな涙がでてしまうほどの母親の優しさでした。その前の「文さんクイズ」には、脚本家の行き詰まりを感じましたが、最後の上記のシーンでそれはすべて吹っ飛びましたね。
[PR]
by shin-pukupuku | 2015-04-25 09:50 | 雑感 | Comments(0)

大成功 

 新年度出発懇親会の幹事で、昨夜は頑張りました。これまでにないぐらい盛り上がりました。準備で計画していたお楽しみ会のネタは、すべてうまくいきました。テーマは「大学人とは?」というもので、グループ対抗ゲーム大会というものです。共同研究としてのテーマがグループ名、賞金は科研費一億円というフレーズでやりました。しかし豪華な箱に入れていたものは、バナナです。それを開けた瞬間にコメントで「そんなバナナ」という台詞が、この宴会の最終目標でした。そして、見事に「そんなバナナ」が聞けました。大成功。ところが2次会に参加した私は、焼酎を飲み過ぎて、本日は死んでおりました。仕事はしましたが…。見事な中学校教師経験ぶりを発揮できましたよ。
[PR]
by shin-pukupuku | 2015-04-24 19:50 | 雑感 | Comments(1)

 博論の締め切りが近づきました。あと2ヶ月もありません。ずいぶんとこの3ヶ月で内容が変わりました。第1章とかは、以前の痕跡さえ見えません。自分自身が売りに出すところはどこなのかということを考えた場合、おのずと書くことが見えてきました。
 そのために、科学的分析手法を用いた研究論文という形ではなくなってきたというのは事実です。大学院でたしかに科学的手法については学ぶことができました。しかし、私はその手法によるエビデンスを求める研究が、私の論文ではありませんでした。
 自分の足下を見据えて、自分自身の研究の意味を毎日考える日々が続いています。間に合えば良いのですが…。
[PR]
by shin-pukupuku | 2015-04-21 09:35 | 雑感 | Comments(0)

川の底からこんにちは

 テレビで録画撮りしていた映画「川の底からこんにちは」を見ました。なかなか面白いでした。何が面白いかというと、人間の本性というか、生き様というか、一人の人間がこの社会で生きていくという意味を描いていたからでしょう。同時に社会批判があちこちに見られたからです。「川の底からこんにちは」というのは、しじみのことです。主人公は高校卒業後、駆け落ちして東京に逃れ、4人の男に捨てられ、派遣社員として会社で低く扱われ、そしてその企業の上司の一人と会社をやめて地元に戻り、入院して死が近い父親の会社を継いで働くという話しでした。
 
[PR]
by shin-pukupuku | 2015-04-20 12:22 | 映画 | Comments(0)

いいぞ、ヤクルト

 今年のヤクルトスワローズはかなり強いです。現在、首位。すごいですね。ピッチャーがとてもすばらしい。4点以上とられたりしないですからね。
 しかし、交流戦から下降していくツバメが毎年の傾向なのですが、今年はどこまで今の良さを継続できるかなんです。今年も神宮球場にぜひ見に行きたいなあ。
[PR]
by shin-pukupuku | 2015-04-20 10:55 | 雑感 | Comments(0)

慣れない幹事

 私は、実はこれまで飲み会の幹事というものをあまりしたことがありません。若い頃から、職場の厚生関係の部署に入ったことがないのです。まあ、面白くないやつ-という証明だと思いますが、みんなを盛り上げるという役ではなく、自分がいちばん盛り上がるという、非常にわがままぶりを発揮してきたわけです。
 ところが、最近、学部の新学期出発会の幹事を任命され、場所やチラシなどの事務仕事はすぐにこなせるのですが、飲み会の場ではたしてどのような仕掛けをするかということについては、不安に思っているところです。しかも、もう一人の相方さんは、当日参加できないと言われ、私一人で対応しなければなりません。こんなことだったら、みんなを盛り上げる係も経験しておけば良かったと、今になって反省しているところです。
 来週は、その準備を考えないといけません。何か良い知恵はないでしょうか?ネットで調べるといろいろとあるようですが、果たしてうまくいくかなあ。その前に、参加者がどれぐらいいるか、かなり不安です。マイウェイの先生方ですので、中学校の職場と同じようにはいきませんね。
[PR]
by shin-pukupuku | 2015-04-17 17:03 | 雑感 | Comments(0)

初めて

 初めて、K長会なるものに参加しました。というか、顔合わせというものです。10分ほどその場にいました。鹿児島から、中学校の教員をやめて来ましたという紹介で、ほお~という声もありました。K長なる方々は100人ほどでしょうか。勢揃いで、少し異様な感じでした。女性が思った以上に少ないなあという印象でした。みなさん、自分の学校に戻ると学校経営のために尽力しているのでしょう。場違いの私でした。
[PR]
by shin-pukupuku | 2015-04-15 17:45 | 教育関係 | Comments(0)