<   2015年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

いよいよ

 いよいよ博論締め切りが近づきました。毎日、クタクタになりながら原稿を書いたり、見直したりしています。朝早くから夜遅くまで、時間を見つけては向かっているところです。睡眠時間もかなり削られています。そんな状況なので、授業があるとかなりハイテンションです。余計な無駄話ばかりしている自分がいます。でも、マイクを通して授業すると気持ちいいんですよね。
[PR]
by shin-pukupuku | 2015-05-29 12:23 | 雑感 | Comments(0)

まだまだ

 本日も研究室でずっとパソコンとにらめっこしている。こんなに時間を惜しんで取り組める自分に驚いている。あっという間に、時間は過ぎていく。外では晴天の中、子ども向けのラグビー教室が行われていたが、それも終わってしまった。家族の賑やかな声が、響いていた。今日も帰るのは暗くなってからになるだろう。山はまだまだ続く。
[PR]
by shin-pukupuku | 2015-05-24 11:39 | 雑感 | Comments(0)

カウントダウン

 ただ今、博論執筆真っ最中。残るはあと3週間。時間がない。焦っている。間に合うかなあ?がんばらないと。
[PR]
by shin-pukupuku | 2015-05-19 16:46 | 雑感 | Comments(0)

驚いた地震

 昨日の朝は、いきなり震度5弱の地震に驚きました。これまで何度も地震は経験したことはありましたが、これまででもっとも大きな揺れだったと思います。住んでいるマンションがかなり大きく揺れて、思わずテーブルの下に逃げました。びっくりしました。
 この地震のためにJRは不通になったようで、そのために授業は休講になりました。午後からは授業を行う予定だったようですが、11時を過ぎてもJRは回復せず、そのまま1日休講となりました。おかげで論文は進みました。今後も余震は続くということのようですが、やっぱり怖いですね。
[PR]
by shin-pukupuku | 2015-05-14 10:48 | 雑感 | Comments(0)

 小さい時から鍵っ子でテレビ大好き少年だった私は、今でもテレビが大好きです。小学校1年生の頃の「タイムトラベル?」という土曜日の午後から放映されていた番組も、今でも良く覚えています。しかも、その作品の一つがモンゴル帝国のオゴタイ=ハンがドイツ騎士団・ポーランド連合軍を破った1241年のワールシュタットの戦いにタイムトラベルしたことも良く覚えています。当然、その時は歴史的事実は知らなくて、高校で世界史を学習した時にわかるわけですが、とっても楽しみな土曜日の午後の番組でした。
 今の土曜日で楽しみなのは、「プラタモリ」と「64」です。「64」は横山秀夫原作をドラマ化したものですが、県警の広報官という職業にスポットをあてて、昭和64年に起こった誘拐殺人事件未解決事件と交差させながら、作品は作られています。主演はピエール瀧。「あまちゃん」の寿司職人の演技が評判でしたが、今回も苦悩する広報官の役柄を見事に描いていると思います。来週も楽しみです。
[PR]
by shin-pukupuku | 2015-05-10 08:44 | 映画 | Comments(0)

保育所で癒やされる

 昨日は、保育教育研究の授業で学生を保育所見学実習に引率して連れて行きました。学生たちはそれぞれ各教室に入り、見学交流します。私は写真を撮りながら、学生たちの様子を見守るというものです。どの教室にも入って保育士の様子や子どもたちの様子を見学しました。
 その中で私がもっとも長い時間交流したのが2才児の教室です。知らないうちにいっしょにままごと遊びをしたり、粘土で遊んだりしていました。年長になると将来が心配になりそうな子どももいるのですが、2歳児は全員が妖精のような感じです。抱きしめたくなりますね。
 教室に掲示されていた母の日の絵と言葉を見て、またまた心惹かれました。「ママの好きなところ ちゅうしてあげたい ままのはな」「ママのすきなところ やさしいところ おっぱい」-笑ってしまいました。そして、子どもたちに癒やされることでした。
 そういえばわが子も……。ついこの前だったような気がするのですが、いつのまに…。元気をもらった見学実習でした。
[PR]
by shin-pukupuku | 2015-05-09 17:06 | 教育関係 | Comments(0)

悲しみは…

 今日の「まれ」は最高でした。母親がキャロットケーキを食べて、昔を思い出し、涙するという場面では涙が止まりませんでした。
 私は、その時、30年前の自分を思い出しました。新聞社の内定を取り消され、夢であった新聞記者になれないことが分かった時、北秋津の食堂でさんま定食を食べようとした時、悲しみがあふれてきました。秋刀魚の目が私を見つめているように感じたのです。その目を見ながら秋刀魚を食べた時、涙はあふれました。本日の場面はその時のことを思い起こすことでした。
 食事をしながら涙を流すというシーンは、深い悲しみの感動を生み出すようです。
[PR]
by shin-pukupuku | 2015-05-08 08:51 | 雑感 | Comments(0)

すでにきのうから

 うちの職場は、すでにきのうからゴールデンウィークに突入しています。本来であれば、この休みの間に羽を伸ばしてゆっくりしたいところですが、本日も研究室にいます。おそらくこの研究棟にいるのは私ぐらいでしょう。朝からずっとこもっているのは、博論執筆のためです。朝早くは自宅でも書いていました。吐き気をもよおすぐらいパソコンと向かっていますが、苦しみながら、ただ時間と格闘しています。こういう作業はたしかに楽しいのですが、やはりストレスもたまるもの。しかし、希望を持ちながらがんばるしかありません。こんなにがんばれるっというのは、人生でもっとも充実している時間なのかもしれません。
[PR]
by shin-pukupuku | 2015-05-01 14:35 | 雑感 | Comments(2)