<   2016年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

寒くなりました

 昨日の石巻はかなり肌寒さを感じる一日となりました。出勤する時に、ひょっとしたら寒くなるかなと思いながらも、半袖で職場に向かったのですが、予想どおりになってしまいました。半袖ではかなり寒く、上着も必要となるぐらいの肌寒さでした。ロッカーに置いてあったVネックのセーターを着てなんとか過ごしていました。自宅に戻ってからも、ジャージで過ごすことでした。
 いよいよ秋だけでなく、冬の足音を聞くような季節になってきました。今朝は、気持ちの良い天気と空気になっています。スーツの上着をはおって、シャツは長袖で出勤しました。本日から本格的に私にとっては授業開始です。
 昨日は、ぽんジュースさんから仙台に学会に来ていると連絡を受けました。ぜひ駆けつけてお会いしたいのですが、昨日は8時近くまで会議があり、本日は1限から5限まで授業が重なり、夜は飲み会の約束があります。明日は盛岡まで行く予定があり、日曜日は仙台で台湾からの訪問団を迎えなければなりません。いつもだったら、すぐに駆けつけていくのですが、こんな時に限って予定がびっしり。ぽんジュースさん、ごめんなさい。

[PR]
by shin-pukupuku | 2016-09-30 08:43 | 雑感 | Comments(1)

マラソン大会

 先日の日曜日は、加美町で行われた「やくらいマラソン大会」に出場しました。男第5部の部門で10km走りました。
 初めて参加した東北風土マラソンとは違っていて、どことなく記録を目指す大会の雰囲気が漂っていました。私はジョギングのつもりでしたので、それほど気にしてはいませんでしたが、実際に走り出すとかなりのハイペースでした。びっくり。いつも30分以上は走っていますし、ときどきは45分や1時間も走るので、大丈夫だろうと思って走って行きました。
 ところが、この日は気温が28度まで上がる最悪の暑さ。私もこの暑さにまいってしまいました。すでに20分過ぎから疲労感が出てきました。これは大丈夫かなと不安に思いながら走りましたが、7kmぐらいから登り坂にコースは入っていきました。これに疲労はさらにピーク。スピードもぐっと落ちました。前を見ると、私と同様に疲れてしまってペースが上がらないランナーばかりでした。
 途中、もう次は大会にでないぞ、なんで金を払ったのに、こんなに苦しんで走らないといけないんだと自分自身に怒りながら走り続けました。
 ゴールまで走りきった時は、フラフラ状態でした。おそらく暑さのためにそうなってしまったのでしょう。倒れんばかりの状況でした。
 結果は、5部95人中29位。10km51分の記録でした。5部の優勝者は50代なのに、36分ぐらいで走ってしまう人がいるのに驚きました。
 やはり走るのを楽しみながら参加したいと思いました。記録よりも景色や自然を満喫して完走するというのがいいなあと考えました。今回のように苦しくなって走るというのは避けたいなあと思います。すでに11月に2つの大会にエントリーしています。こりずによくやるわという感じです。

[PR]
by shin-pukupuku | 2016-09-29 09:17 | 雑感 | Comments(0)

戦争中の暮らしの記録

 今朝の朝ドラは昭和43年に発行された「暮らしの手帖」の戦争特集についてでした。この雑誌は100万部を超えたようですが、編集後記を見ると、後世に残したい記録ゆえに平成2年に再発行したと書かれてありました。
 私は、おそらくその内容を垣間見て、この中身は戦争学習の教材になると確信して平成2年頃に購入したのだと思います。
 改めて中身を見てみると、この暮らしを大事にしていくことが、戦争を防ぐことにつながっていくのではないかと私も実感しています。
 「とと姉ちゃん」も残すところ、あと3話となりました。
 今回の朝ドラも楽しみにしながら毎朝見ることができました。次回は、NHK大阪が作成するようですが、大阪発の作品はこの数年当たりが多いので楽しみです。
 世間の人々はこのような生活上の小さな幸せを大事にしながら過ごしていると思いますが、実はこれがこの社会でもっとも大切なことなんだということを教えてくれたのが、「とと姉ちゃん」だったと思います。素敵な作品で幕を閉じそうです。

[PR]
by shin-pukupuku | 2016-09-28 08:45 | | Comments(0)

爪痕

 先日、南相馬の小学校を実習指導のために訪問しました。その帰りに、郡山まで用事があり、南相馬から阿武隈山系を超えて行きました。ナビ任せで向かったのですが、道はどんどん山の中に入っていきました。雨が降り、霧が出てくるようなわびしい感じになっていきます。
 途中、対向車も来ない山中で、ふと何かが道路をふさいでいました。
 何だろうと思って見ると、大きなニホンザルです。こちらをにらみつけていました。私は無視して車で走っていきました。びっくりしました。その次は熊に遭遇するのではないかと不安に思いながらそのまま走って行くと、なにやら大きな黒い袋が道ばたにところどころ積まれていました。何だろうと思いながらそのまま車を走らせていたのですが、途中、工事中の案内があって、よく見ると「放射線除去作業中」という看板を目にしました。そうか、ここはあの福島第一原発事故による放射能汚染によって被害を受けた所でした。大館村という名前も見えてきました。平地に降りていくと、田畑は荒廃していました。大きなビニールシートで畑を覆っているところもありました。農業は行われていないようでした。
 今回初めて、福島県の原発近くまで向かったのですが、やはりこの事故の影響を感じることでした。今では何もなかったような風景を見せている所も多いのですが、よく見るとその爪痕はあちこちにあるようです。道ばたでにらみつけたサルは、そんな人間社会に対する怒りを見せていたのかもしれないなあと思うことでした。

[PR]
by shin-pukupuku | 2016-09-27 09:02 | 雑感 | Comments(0)

後期本格始動

 後期が始まりました。ブルーな気分です。まさしく2学期直前のあの気分と同じです。本日は、ガイダンスが行われましたが、久しぶりに学生たちと顔を合わせました。
 私はこの夏休みに、いろいろなところに行ってきました。楽しいことも多かったので、ブルーな気分はその反動でしょうか。また、後期に予定されているさまざまなことを考えると、気分もそういう感じになるのでしょうか。
 とにかく後期を乗り切るために、まずは授業の準備です。夏休み中にしとけば良かったなあと反省しても後の祭りです。はい。

[PR]
by shin-pukupuku | 2016-09-26 16:48 | 雑感 | Comments(0)

初めての敗戦を目撃

 東京で日本K学会に参加しました。最近加入した学会で、多数の会員がいるようです。東京のT大学で開催されました。そこで考えたことは後日紹介しますが、ここでは、それに合わせて前夜に東京ドームで行われた巨人ヤクルト戦でのことを書きます。
 チケットはS席でバックネット寄りの1階3塁側ということでしたので、かなり良い席ではないかと期待していったのですが、期待外れ。立ち見席に近いところの席で、それでS席かよというようなところでした。おまけに席の並びの真ん中で、ビールを買うのにも周りの力を借りないと買えないところでした。
 それでも楽しみにしていたヤクルト戦。CSも望みがある中での試合でした。球場に見に行くとヤクルトはかならず大勝するということが続いていましたので、今回もかなり期待していました。するといきなり1回の表に、ヤクルトは2点を先制。私は弁当とビールを買ってさあ応援するぞという体制にはいったばっかりでした。
 隣には、熱烈な40代サラリーマンヤクルトファン一人が、大きな声で選手達に声をかけていました。f0048182_14272252.jpg
 ところが、座席に座ってからというもの、ジャイアンツのチャンスだらけ。ヤクルトは巨人の内海をまったく打てませんでした。選手を励ますように声をかけていた隣のサラリーマン応援団もそのうちにぶち切れて、やがて大きなヤジに変わっていきました。あの山田選手にも野次っていました。恐いぐらいでした。
 何度となく隣の私に、ヤクルトの不甲斐なさを嘆いていましたが、最終回、2点を返し、山田の一打で同点というところまで来てからは大声援。ところが、山田は見逃しの三振、ゲームセット。サラリーマン応援団は一人、CSは大丈夫ですかねと私にぼやいていました。
 初めて、私の目の前でヤクルトが惨敗しました。巨人の強さが目立った試合でした。東京ドームで見たのがよくありませんでした。値段は高いし、座席はS席なのに選手はよく見えないし、巨人の応援の加熱さに驚くし、やっぱり神宮で応援しようと思うことでした。
 ただ一つ良かったのは、なんと、なんと、私、オーロラビジョンに映ったんです。後ろに巨人ファンの親子がいましたが、その男の子をアップした時に、私がしっかりとその前でにらみつけるように映っていました。いやあ、初めてでした。これだけは、東京ドームで良かったと思うことでした。でも、神宮にもオーロラビジョンがあるので、そのうち映るかもしれませんね。
 ストレス解消のつもりで観戦に行ったのに、ストレスがたまった試合でした。ビールも2杯しか飲めませんでした。

[PR]
by shin-pukupuku | 2016-09-19 14:28 | 雑感 | Comments(0)

教育実習訪問

 小学校の教育実習訪問をしました。先日はA町B小学校を訪問し、実習生の算数の授業を参観してきました。指導される先生はベテランで、手取り足取り教えて下さっていることがよくわかりました。研究授業の参観ではなかったのですが、授業中であってもこの場面で聞いてほしい発問を,担当の先生がTTのように行い、実習生に教えてくれていました。学生は安心して実習に取り組んでいることがよくわかりました。
 授業後に面談を行ったのですが、その学生の話がとまらないこと…。驚きました。次から次に言葉を吐き出しているようでした。
 やはり教育実習は学生にとっては初めての経験のために、緊張することも多いのでしょう。その緊張感があふれる言葉に現れているようでした。私は指導するために来たのに、話を聞く立場になっていました。まあ、それでもいいかなと思いながら、実習指導を終わらせました。その学生とは大学においても仲が良く、おしゃべり仲間なのですが、そういうのもあって話が止まらないんだろうなあと思うことでした。
 実習校のB小学校では、学校長の実習生に対する支えがとてもありがたいものでした。細かいことを気にせず、失敗は当然だと思って、特に子どもたちとのラ・ポートづくりに頑張ってほしいーその話を聞いて、ああこの学校だったら実習生もなんとかこなしてくれるだろうと確信することでした。明日は、さらに遠い所にある小学校を訪問して実習指導します。さらに来週は福島県まで行く予定です。

[PR]
by shin-pukupuku | 2016-09-15 10:26 | 教育関係 | Comments(0)

このビールはなかなか…

 先日、何気なく写真のビールを買って飲んでみました。305mlで240円(税抜き)もしますので、高級志向のビールなんですが、ビールについては新しい銘柄が出るとすぐに買ってしまう私は、すぐに買い物籠に入れておきました。
 実際に飲んでみると、その味にびっくり。濃厚で深みのあるこのビールは、あの私が今のところ最高だと思っているエビスビールよりも格段、味が上のような気がしました。それから先日、再度飲んでみましたが、やはり美味。
 みなさん、ぜひ試しに飲んでみて下さい。これは、今までになくおいしいビールだと思います。麦芽とホップのみで作った本格的なビールですが、麦芽は通常の1.5倍使用しているようです。値段が高めなので毎日飲むのは勇気が必要になってきますが、自分にご苦労様と声をかけたい時は、ぜひ購入して飲むことをお薦めします。
f0048182_10015753.jpg

[PR]
by shin-pukupuku | 2016-09-14 10:02 | 雑感 | Comments(0)

国連制裁決議の効力

 本日の朝日新聞オピニオン&フォーラムの「北朝鮮を止めるには」を読んで、愕然としました。国連の制裁決議に対して国連加盟国では非協力的な国が多いのが実態であるという内容を読んでです。アジア地域でも多くの制裁違反が発覚していて、非協力的な国々大半でゆゆしき問題というわけです。
 私たちは国連は世界平和と安全のために活躍するスーパーマンのような印象をどうしても持ってしまいます。また、国連について学んだ生徒たちもそのような認識を持ってしまっているのではないかと思います。ところが、現実はそれほど生やさしいものではなく、今回の北朝鮮の制裁決議についても、どれだけの国々が実行してくれるのか、わからないというわけです。これでは効力はなく、これから先も北朝鮮は核実験やミサイル実験を重ねていくことでしょう。
 ではどうすればよいのか。
 素人の私たちにはその方策についてアイデアは浮かびませんが、より効果的な制裁が必要なのは明らかでしょう。その際、武力による威嚇ではなく、やはり兵糧攻めが有効なのでしょう。リビアでは革命が起こりましたが、北朝鮮はどうなっていくのでしょう。これからの東アジアは非常にむずかしい問題を抱えてしまったようです。
[PR]
by shin-pukupuku | 2016-09-13 15:15 | 雑感 | Comments(0)

コンビニ人間を読む

 村田沙耶香「コンビニ人間」を読みました。いっきに読破しました。それほど、ストーリーや小説の世界に引き込まれたということでしょう。笑ってしまう場面も何カ所かありました。その場面や状況をイメージしながら読み進めることができるように工夫されていたのだと思います。
 現在の社会を鋭くえぐり出す視点もこの小説にはありました。コンビニは現在の社会の象徴的な場所だと私も思いますが、コンビニ世界の風景や音、人間模様をここまでうまく描き出すことができ、さらにその背景にある格差やそれを生み出す競争社会の実情を見事に表現していると思いました。
 そして、そのことを憂鬱な書き方ではなく、笑いまで読者に沸きおこしながら鋭く表現するこの小説は、芥川賞受賞は妥当なものだと思いました。芥川賞の作品は、ずっとその残影がが心の中に残っていくものが多いのですが、この作品もその一つになりました。村田沙耶香さんの今後の作品に注目です。

[PR]
by shin-pukupuku | 2016-09-12 08:53 | | Comments(0)