秋の深まり

 台風が過ぎ、急に寒さが強くなってきました。学内もやっと暖房が入り、少しずつ冬の気配が出てきました。
 恒例の冬用のタイヤ交換の時期もそろそろです。早目にディーラーに持っていきたいと思っています。

 下の写真は、仙台市の某大学某図書館f0048182_09445149.jpg前の風景です。秋の深まりを感じることができるのではないでしょうか。

[PR]
# by shin-pukupuku | 2017-11-02 09:45 | 雑感 | Comments(0)

新書版 大河ドラマ

 呉座勇一著『応仁の乱』(中公新書)を読みました。ベストセラーなので、おそらく面白いところがたくさんあるだろうと思いながら読みましたが、そうでもありませんでした。なぜ、ベストセラーになったのかがわからない感じでした。歴史ファンにとっては面白い内容が盛り込まれているのだろうと予想できますが、如何せん、私は戦国時代とかにはほとんど関心がないために、今一つピンときませんでした。
 ただ一つ言えるのは、この時代の人間ドラマが描かれていて、それがきっと興味を湧き立たせるのだろうなあということでした。当時の人間の生きざまが見事に読者に伝わる本だったと思います。それが戦国時代のイメージを変えることに成功しているのでしょうか?まさしく、新書版大河ドラマでしょうかね。

[PR]
# by shin-pukupuku | 2017-10-31 17:04 | | Comments(1)

活躍を喜ぶ

 この土日は全社学の大会に参加するために、東広島市へ行っていました。台風接近の中、IBEXの小型飛行機が果たして飛ぶのかという不安はありましたが、昨夜は30分遅れて無事に到着しました。
 少々疲れ気味のためか、鼻風邪をひいてしまい、コンビニで大量のティッシュを購入するほどでした。広島大学にもっとも近い西条駅に降り立って、早く行っても理事会や総会でしたので、西条酒造通りを歩いて、日本酒の試飲でもしようと思い、雨の中を歩きました。白牡丹酒造、加茂鶴酒造、福美人酒造、亀齢酒造、賀茂泉酒造を回りました。すべての酒造で試飲が無料かと思っていましたが、料金をとるところもありました。回っているうちに、次第に酔っていく自分がいました。気がつくと、鼻水をすすりながらいい気分になっていました。
 その後、学会会場へ。シンポジウムでした。社会科の見方・考え方について、3人の先生方の発表がありましたが、必然的に爆睡するシーンが私にはありました。休憩時間でホテルへ戻ろうとしたとき、闘龍灘さんにお会いしました。翌日には学会発表にフォーラムの指定討論者ということで、活躍されているなあと思いながら、一言だけ話をしてそそくさと私は帰りました。
 ホテルでは爆睡でした。めずらしく飲みにもいかず、朝まで寝ていました。
 翌日は、愛知のSさんと待ち合わせをして、学会に午前中参加しました。Sさんも発表していました。また一つ、研究者らしくなったなあと思いながら、応援していました。午後からは台風による飛行機便の欠航が心配となり、早めに空港へ向かいました。闘龍灘さんの発表を聞きたかったのですが、残念でした。
 自分は何のために学会に参加したのかよくわからない感じでしたが、二人の活躍を確認するというための学会参加だったような気がします。

[PR]
# by shin-pukupuku | 2017-10-30 09:24 | 雑感 | Comments(2)

Bさん

 今年から「公民科教育論」を教えています。昨日のテーマは、いのちの教育とデスエデュケーションでした。高校公民科倫理や現代社会で取り扱うテーマとなります。その授業では、亡きBさんの修論の一部をコピーして学生に配布しました。内容は大谷いずみの生命倫理に関する授業実践を分析したものでした。大谷が出生前診断をもとにして、いのちの質をどのように考えているかを他の実践者の授業実践と比較して論じたものです。
 大学生には、この内容について時間不足で詳細に説明することはできませんでした。しかし、わずかな時間でしたが、彼の論考を論じました。優秀な惜しい後輩を失ったことが悲しくてたまりませんでした。話をしながら、少し涙声になってしまったのでしょう。学生も驚いているようでした。
 Bさんの論考を学生といっしょに学ぶことで、彼の生きた証を確認したいと思いました。今後とも続けていきたいと思います。彼が亡くなって、すでに8年半が過ぎ去りました。

[PR]
# by shin-pukupuku | 2017-10-26 17:29 | 教育関係 | Comments(2)

教職実践演習

 本年度の後期から教職実践演習の授業を担当しています。学生は5人。まさしく演習です。ここ数回は、教育実習で行った研究授業の指導案をそれぞれに配布させ、授業についての課題を発表させています。同時に、それぞれの教科についての論考をリサーチし、その内容をレジメにまとめて発表させるというスタイルです。
 学習指導については、研究授業の課題を踏まえて再度模擬授業をさせている先生方が多いようですが、私は計画に入れていません。学習指導については、教壇に立ってから再度学んでいくことだと思っています。それ以上に、教科指導の専門家の論文を読ませて、それぞれの教科においてどのような指導が求められているのかについて調査させた方が良いかなと思っています。
 むしろ、生徒指導についての研究を、教職実践演習では行うべきではないかと私は思っています。現場に立った時に、生徒指導上の様々な場面に遭遇すると思います。いじめ、不登校、茶髪、体罰、部活動、長時間労働など、現場に密接につながっていく演習が、この授業では必要ではないかと思います。
 学生には、順番を決めて、それぞれのテーマに関する論考を発表させ、議論していくつもりです。同時に、私の得意とする判決書教材を準備し、学習していきたいと思っています。そちらの方が、教壇に立った時に、役に立つのではないかと思います。すでに茶髪問題と体罰については、授業しましたが、学生たちも興味深く真剣に議論していました。それは、現場に立った時のシミュレーションをやっていることと同じではないかと思っています。

[PR]
# by shin-pukupuku | 2017-10-25 09:31 | 教育関係 | Comments(2)

選挙結果を…

 選挙結果については、できるだけ目をそらしています。マスコミが言うように、野党のオウンゴールでした。そのすきをついた安倍首相の戦略と、台風接近という悪運にただただ恨むのみでした。
 おそらく、憲法改正論議が深まり、2年後には国民投票ということも予想されます。本来は、憲法改正の中身を国民に提示して、衆議院議員選挙だと思うのですが、きっと改正を終えてから次の選挙ということにするでしょう。民主主義の姿はそこにはありません。権力を抑止するためにどうすべきなのか、そこが問われているような気がします。

[PR]
# by shin-pukupuku | 2017-10-24 09:40 | 雑感 | Comments(0)

2回目の…

 台風接近のさなか、2回目のゴルフコンペに参加しました。昨年10月以来、1年ぶりです。昨年は、初めていということもあり、OBを打ちまくり、準備してきたボールがすべてなくなるほどの悲惨な状況でした。しかし、ゴルフというものは、奥が深くて気持ちよくて楽しいなあという印象を持ちました。 
 今年は、8月ぐらいから本格的に打ちっぱなしに時々足を運び、準備してきましたが、その成果を発揮することができました。まず、OBや池への打ち込みで失くしたボールは4つでした。しかも、昨年度より30以上も打数を少なくすることができ、出場者8名の中で5位という成績でした。同じラウンドの人たちとほとんど同じような状況でゴルフをすることができました。みんなも私の上達ぶりに驚いていました。しかも、「今年の目標は、M先輩越えです」と大きなことを言っていたのですが、それが現実となりました。
 上達したのは、努力の成果ですが、一番大きな理由は、少しだ真っ直ぐ打てるようになってきたということだけです。そのために、力を入れず、フォームを大事にして軽く打つというのが良かったようです。それと、PWの打ち方に力を入れてきたのも良かったような気がします。
 とっても気分の良い一日となりました。できれば、すぐにでもまたやりたいなあというのが私の心情です。だれかいっしょにやってくれないかなあ。とりあえず、来年の今頃実施予定の3回目の出場を約束してきました。
 
 

[PR]
# by shin-pukupuku | 2017-10-23 09:50 | 雑感 | Comments(0)

 昨日は、ある関係から大学の地区にある中学校の文化祭を見学に行きました。いやあ驚きました。私が経験してきた中学校の文化祭とは一味も二味も違いました。
 まず、大きな相違点は、生徒たちが前面に出る生徒主体の文化祭だということです。教師が前面に出ることはほとんどありませんでした。生徒たちが司会をし、幕間にはインタビューをしてつないでいました。また、演奏の最初には、出演者がマイクを握り、演奏の内容や取り組みなどについて自分の言葉で紹介していました。メモを見ながら紹介する生徒はだれもいませんでした。生徒会長も同様で、メモを見ず、自分の言葉で開会のあいさつをしていました。
 二つは演奏のレベルが高いということです。最初は太鼓による演奏がありましたが、大太鼓2つ、中太鼓6個、小太鼓8つ、銅鑼1つを入れて、本格的なものでした。圧倒されました。特別支援の生徒たちによるアカペラに対しても生徒たちは手拍子をとって演奏を支えていましたし、有志によるコント、歌ともにとても中学生とは思えないほどの出来栄えでした。コントなどは、素人とは思えないほどの面白さで、かなり練習したんだろうなと思わせるほどの出来でした。最後の美空ひばりを歌った生徒などは、とても歌がうまくて、また舞台慣れしているような印象までも持ちました。
 この日は午後から3時間ほどありましたが、翌日の土曜日は一日かけて文化祭が行われるようです。途中では合唱コンクールもあるようですが、鹿児島の中学校とは違って文化がきちんと中学生に伝わっている印象を持ちました。
 いやあ、驚きました。鹿児島の中学校がいかに文化を伝えるということに力を入れていないかということを感じさせる一日となりました。
 

[PR]
# by shin-pukupuku | 2017-10-21 07:26 | 教育関係 | Comments(2)

朝ドラ わろてんか

 10月からの朝ドラも毎回見てきました。今回は、あまり面白くないなあと思いながら、これまで見ていました。それは前作の「ひよっこ」と時代的な違いが大きいというところと、ストーリー展開の面白さの違いかなと思っていました。
 ところが、今週に入って、「わろてんか」も面白くなってきたなと思います。それは竹下景子のおばあちゃん役のキャラクターの面白さと主人公「てん」の恋心が視聴者に伝わってきているからだと思います。ストーリー展開も今後どのように進むのかわからなくなってきましたし、その予測できないというところが、視聴者にとっては面白さの大事な要素だと思います。
 これからも、朝ドラファンとして「わろてんか」につきあっていきたいと思います。

[PR]
# by shin-pukupuku | 2017-10-19 08:46 | 雑感 | Comments(0)

仕事が進まず…

 昨日は、一日中もの探しをしていたような感じでした。午後から、学内の仕事のために数ページの文章を書かないといけなかったのですが、準備していたはずのデータが見つからず、そのUSBを研究室でずっと探していました。その間に時間はどんどん過ぎて、気がつくと、いつもの帰宅時間。結局、仕事はぜんぜん進まず、イライラだけがつのる一日となりました。
 そういえば、最近研究室が荷物でいっぱいになり、書類の山になってきました。机の上も、現場教員の時と同じように書類に埋もれてしまっています。必要な書類がすぐに出せずに、「どこだったかなあ?」と言いながら探してばかりいる私がいます。近いうちに不要な書類を捨てて、きれいにしようと誓う自分がいますが、今日も探し物をしている自分がいそうです。困ったものです。

[PR]
# by shin-pukupuku | 2017-10-18 05:54 | 雑感 | Comments(2)