あっという間の支部教研

 本日、支部教研がT中学校でありました。社会科教育分科会は5人の参加があり、久しぶりの盛会でした。私は3人だけだろうと予想して、レポートは3部しか準備してなくて参加者にご迷惑をかけてしまいました。
 ここ数年、文化祭での劇の取り組みがよく話題になります。生徒に本来の文化的な価値を感じ学んでもらうという場が文化祭だと私は思っています。そのためには、職場の同僚性が問われるのかなと思います。そして、長いスタンスで取り組むことが大事だということが、本日の分科会でよくわかりました。H山中学校の文化祭に向けての学年全体での取り組みはすばらしいと思っていますが、今年はK中学校にもその取り組みが行われるのだそうです。提案して中心的に取り組んだK中学校先生に脱帽しました。また、そのK中では社会科部員全員で、夏休みに地域のフィールドワークをして、郷土教育教職員資料を準備したんだそうです。その資料もとても楽しくできていました。私はそのスライドをぜひ下さいとお願いしました。
 3時間があっという間に終わり、県教研出会者もすんなり決まりました。
 私の反省は、レポートの枚数が多すぎて、報告がうまく伝わらなかったことでした。また、学会報告用のレポートの体裁になっていることです。県教研では、枚数を減らし、体裁を変えて、得意の傍線をひいて、レポートにしたいと思っています。
[PR]
Commented by yksayyys at 2009-10-18 09:41
 分会の同僚から「うちの文化祭はドタバタばかりで中身に乏しいので先生に期待しています」と言われました。プクプクさんが言われる通り文化祭の質はその学校の教師の「文化の質」が問われます。これまでの学校でも同様の苦労をしてきましたが、今回もできるだけ頑張るつもりです。今のところ、練習時間・場所の確保と部活との関わりが最大の課題です。ちなみにうちはクラスでなく学年でとりくみます。出し物は2つ。私の指導する劇と合唱「We are the world」です。小さなマイケルやスティービー、ブルース、シンディたちが「世界の平和」のために歌います!!われわれのカラオケ「十八番」ですね。
Commented by ska37o at 2009-10-18 18:07
文化祭シーズンですね。
小学校でのクラスの割り当て時間が短い学習発表会とは違うんですよね。最近、こういった文化的行事の準備に時間をかけず、マニュアル的にすまそうとする傾向があるんじゃないでしょうか?教師(担当)に負担にならないようにってことなのでしょうが、ちょっとjちがうとぼくは思っています。提出物や報告物にかける負担を減らして、子どもたちと取り組む時間はもっとあっていいんじゃないかなって!
Commented by アマノジャク at 2009-10-18 20:17 x
体育祭にかけるエネルギーと比較して文化祭は「放任」の傾向があると思います。「演芸会」はおろか「余興」ではないかと思うことさえあります。だからこそ「俺の出番だ」と勝手に思っています。
by shin-pukupuku | 2009-10-17 18:43 | 教育関係 | Comments(3)

なにやら思いついたことをつれづれなるままにⅡ


by shin-pukupuku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31