自分へのごほうびに

 昨日は、仙台の楽天日本生命スタジアムにヤクルト対楽天の試合観戦に行きました。
 自分へのお疲れさまということで、1か月以上前からチケットを購入し、楽しみにしてきました。予想はしていたのですが、スワローズファンにとって、楽天のホームスタジアムで応援するのはかなり難しいものがありました。周りはほとんど楽天ファン。右も左も前も後ろも楽天ファン。そんな中で、小さな傘を持って東京音頭を歌うというのはかなりきびしいものがありました。
 楽天はエース則本。三振の山を築いていきました。これは負けるかもしれないなあと思っていたら、荒木がツーランを打ち、劣勢にもかかわらず試合は終盤まで同点で進んでいきました。則本の威力あるボールは、スワローズの選手を寄せ付けないほどの強さがありました。
 ところが、試合結果というのは不思議なもので、坂口がチャンスでヒットを打って3対2となり、最後は抑えの石山が登場しました。石山は今年ストッパーとして活躍しているのですが、毎試合、3人で終わることはありません。この日も最終回、冷や冷やしながらなんとか無得点で抑えて、スワローズが勝利しました。
 私が観戦に球場へ向かうと、どういうわけかスワローズは勝利します。今年も、その姿を見せてくれました。昼間の試合だったので直射日光で暑い中でしたが、昼間っから生ビールを3杯も飲んでしまいました。楽しい時間となりました。誕生日を目前にして自分へのごほうびとしたスワローズ観戦はひいきチームが勝利となり、非常に満足できた時間となりました。また、行きたいなあ。



[PR]
by shin-pukupuku | 2018-06-03 10:20 | 雑感 | Comments(0)

なにやら思いついたことをつれづれなるままにⅡ


by shin-pukupuku