人気ブログランキング |

ぷくぷくの社会を見つめ直すⅢ

2018年 03月 09日 ( 1 )

まずは鹿児島マラソンから

 今回の研究旅行の第一弾としまして、鹿児島マラソンから始めたいと思います。
 前夜は土砂降りの雨だったのにもかかわらず、先週の日曜日は初夏を感じさせる天気となりました。8時半にマラソンはスタートとなりましたが、私がスタート地点を通ったのは5分を過ぎていました。それぐらい多数の参加者でした。1万人を超えていたということですので、3回目にしてはかなりの規模であったと思います。
 私は練習時のいつものペースよりも遅い気がしたので、できるだけ前に出たかったのですが、前をふさぐ多数のランナー。なかなか抜けません。前の人のペースに合わせて走る感じになっていました。鹿児島市内を走る時は、応援がすごくて、楽しく走ることができました。また、疲れも感じませんでした。
 ところが、練習を重ねてきていた15kmを過ぎたころから、暑さを感じるようになりました。給水所では水を頭からかけましたが、きつさは抜けなくなりました。重富周辺では、また応援がすごかったので、元気をとりもどしたのですが、復路の30km付近から足がかなり痛くなり、また暑さもこたえて、きつい状態が出てきました。上り坂ではほとんどのランナーが歩いている状況が出てきました。私は必死に耐えて走っていましたが、給水所が待ち遠しくなりました。35kmを超えるともう大変でした。体中が痛くて、苦しくなりました。周りの人も歩く人がかなり多くなり、それを見て私も歩くようになりました。4回ほどゴールまで歩いては走るということを繰り返しました。
 鳥越トンネルを過ぎてから、ゴールの市役所までが遠かったこと。体力の限界でした。
 それでもなんとかゴール。4時間15分でした。目標は4時間切りだったのですが、やはりダメでした。しかし昨年のマラソン挑戦より10分は早くなりました。
 走り終わってからはすがすがしさではなく、足が痛くてしかたないという感じでしたね。マラソンは人間の限界を超える競技だということがよくわかりました。
 次は3月末の東北風土マラソンに出場します。もちろん、ハーフです。フルマラソンは今年はもう走りません。
 

by shin-pukupuku | 2018-03-09 10:08 | 雑感 | Comments(0)