人気ブログランキング |

ぷくぷくの社会を見つめ直すⅢ

2018年 03月 13日 ( 1 )

アマノジャク氏の授業

 徳之島から鹿児島空港へ向かい、そのまま空港バスでアマノジャク氏の勤務する学校を目指しました。氏の1年生歴史の授業を参観しました。
 管理職二人もいっしょに参観し、同僚の先生方、それにS沢さんも来られていて、一つの研究授業公開のような形になっていました。アマノジャク氏がこの学校で根付いていることを実感することでした。管理職二人もアマノジャク氏を高く評価していました。
 授業内容はモンゴル襲来でしたが、地域教材を豊富に準備して授業づくりがなされていました。第一印象としては、「面白い」ということでした。生徒たちが生き生きと授業に参加し、楽しく授業を受けていることがよくわかりました。積極的に発表していた一人の生徒は、学力が芳しくないということでしたが、授業内容そのものがそのような生徒たちを巻き込むものであったと思います。特に生徒たちが集中していたのが、竹崎季長の絵図を利用した時でした。「あとから書き加えられたところはどこでしょう」と投げかけ、グループで相談させました。それは歴史をワクワク感じさせる時間だったと思います。手がたくさん上がりました。「なぜそのようなことをしたのでしょうか」という問いは鎌倉御家人の状況を示すものだったと思います。その他に、薩摩国一之宮のこと、降伏祈願が行われたこと、地域出身の武士が船に火をつけて攻撃し、後の特攻の原点となったことなどをクイズ形式を取り入れながら授業を行いました。高校生、大学生、一般の方にも同じように授業ができる内容を含んだものだったと思います。それを中学生の視線で授業づくりを行い、生徒たちを歴史の世界に引き込んでいきました。社会科が好きになるーそんな授業だったと思います。
 多忙な中に、私の無茶な要望を聞いてくれたことにただただ感謝することでした。その夜は中央駅周辺でお疲れさまの気持ちを込めて飲みました。そこにska37oさんやH原さん、S浜さんもいっしょになり、とても楽しい時間となりました。思わず、院生時代を思い出すような時間でした。ska37oさんとはその後も知り合いのカラオケ飲み屋に行き、楽しく歌い、知らないうちに私は夜中過ぎまで飲んでいました。おかげで次の日は二日酔い。しかし、幸せな一日となりました。みなさんに感謝。

by shin-pukupuku | 2018-03-13 09:35 | 教育関係 | Comments(1)