人気ブログランキング |

2018年 03月 29日 ( 1 )

今月号

 先日届いた『歴史地理教育』を読破しました。テーマは「奈良時代の表と裏」でした。
 私が興味を惹かれた論考は、杉田義「長屋王邸宅跡はなぜ保存されなかったのか」でした。貴重な木簡が多数見つかった長屋王邸宅跡がその後、そごうの百貨店になったことはご存知だと思います。これだけの貴重なものが、保存されなかったことは誠に残念なことです。そごうはその後イトーヨーカドーに変わりましたが、昨年その店も閉店となっています。遺跡保存していれば、多数の観光客が訪れる貴重な観光資源になっていたのではないかと思います。さまざまな方々の遺跡保存のための尽力はあったようですが、当時の社会的状況や発掘調査と開発工事が並行する段階での遺跡保存は難しい面があったようです。

by shin-pukupuku | 2018-03-29 10:21 | | Comments(0)